記事詳細

【大腸がんAI検査最前線】中高年に大腸がんは人ごとではない シニア記者が内視鏡検査を体験取材「期待と不安」 (1/2ページ)

 「こちらはInvasive Cancer(浸潤がん)の可能性が98%と出た画像(写真)です。AI(人工知能)はピピーと反応し、その可能性を医師に教えてくれます。この画像では、Non-neoplastic(非腫瘍性)の可能性は2%、Adenoma(腺腫性)は0・6%と示しています」

 昭和大学横浜市北部病院の工藤進英・消化器センター長は、共同開発にかかわった「EndoBRAIN」(エンドブレイン)というAIが大腸内視鏡画像の診断支援をするソフトウエアについてこのように話す。

 工藤医師はAIに精通する先進的な医師であると同時に、これまでの内視鏡検査数は約30万例とこの分野では、“神の手”とも称される医師でもある。記者は大腸がんの潜在的な不安を抱えるシニア世代ゆえ、“神の手”の検査を受けたいと思った。

 「先生の検査、ぜひ受けてみたいのですが」

 「体験取材ですね。いいですよ」

 日本人の中高年に増え続けている大腸がんは人ごとではない。AI内視鏡なら、通常の検査では隠れて見えづらい陥凹(かんおう)型の大腸がんが見つかるかもしれない。早期発見の絶好の機会だ。

 「新型コロナ禍で、がん検査を受ける人が減って、進行した状態のがんで見つかる人が増えているとのデータも出ています」。工藤医師はこう話す。病院に行くことでコロナの感染が怖いという気持ちも分かるが、がんの発見が遅れる方が怖い人も多いのではないか。

関連ニュース