記事詳細

【長田昭二 ブラックジャックを探せ】医科からも注目「オーラルフレイル」研究の第一人者 昭和大学歯科病院高齢者歯科教授・佐藤裕二さん (1/2ページ)

 近年「口腔ケア」の重要性が、歯科領域だけでなく医科の分野からも叫ばれるようになってきた。中でも、加齢とともに口腔機能が衰えていく「オーラルフレイル」の予防と治療は、口腔内の問題にとどまらず、全身状態の健康維持に大きく関与することが指摘されている。

 昭和大学歯科病院高齢者歯科教授の佐藤裕二歯科医師は、まさにこのオーラルフレイルの研究で日本を代表する歯科医師である。

 「元は補綴(ほてつ=入れ歯)の研究をしていたのですが、所属する教室が訪問診療やインプラントを含めた高齢者の口腔ケアを総合的に進めていこう-ということになり、研究対象も広がっていった。その中にオーラルフレイルも含まれていたのです」

 歯学部に進んだ時点ではいずれ開業するつもりでいたが、気が付けば研究者として根を下ろし、日本の高齢者歯科を牽引する立場に。

 「臨床は臨床で楽しいんです。大学病院に送られてくる補綴の患者さんは、同じ入れ歯でも高難度の治療技術が求められる。それだけに、治療によってもたらされる満足度も高く、その笑顔を見ることが大きなやりがいにつながっていく」

 一方で、この数年佐藤教授が力を入れているのが、本の執筆だ。最近は1年に1冊のペースで歯科医師向けや一般向けの本を書き上げている。

関連ニュース