記事詳細

【薬ものがたり】ツライ痛みを速く治す解熱鎮痛薬 『ナロンLoxy』(大正製薬)

 マスク着用が習慣化したものの、気温が上昇してくると息苦しい。我慢してマスクを着け続けて頭痛に襲われることもある。そんなときの頭痛で、解熱鎮痛薬の「ナロンLoxy」(第1類医薬品)が注目されている。解熱鎮痛成分のロキソプロフェンを配合し、速く溶ける技術を採用しているのが特長だ。

 「当社では、オリジナルの技術を駆使し、有効成分の溶出速度を速くしたハイドロフラッシュ製法を採用しています」(大正製薬)

 解熱鎮痛薬の「ナロン錠」の発売は1960年。解熱鎮痛作用の成分・アセトアミノフェンとエテンザミドを配合している。イブプロフェンとエテンザミド配合の「ナロンエース」は90年に発売。その後も成分のよりよい配合法や、錠剤の溶解・溶出技術などを研究開発し、製品に生かしている。今年4月に全国発売した「ナロンLoxy」でも、その技術力を発揮したという。

 「効き目の速さを求める方の期待に応えたい。そうした思いで『ナロンLoxy』を開発しています。眠くなる成分も入っておらず、つらい症状のときにも、レモン風味で飲みやすいと、好評を得ています」と担当者。

 CMキャラクターは、女優の広瀬アリスさん。キャッチコピーは「痛みに速攻」。ツライ痛みを速く治したいときには、薬を上手に活用したい。

関連ニュース