記事詳細

【中高年の婚活Q&A】オンライン同窓会での出会いは期待できる? (1/2ページ)

 「コロナ禍で帰省できないし、それじゃ、オンライン同窓会をやろうという話になって」

 そう話すのは、東京都港区のNさん(46)。昨年、後厄を終えた祝いの同窓会を計画していたが、コロナ明けまで延期を余儀なくされた。

 「ところが、開けそうにない。それならばと、オンラインでの同窓会幹事を引き受けたんです」

 しかし、いくらお手軽のオンラインでも、同窓生がこぞって参加すれば、収拾がつかない。

 「そこで複数日開催して、参加者を分散することにしました」

 この案に多くの参加申し込みが寄せられ、5月の毎週末に開催することになったとNさんはご満悦の様子。

 「夕方5時からの開催として、各自自由に、何回でも出入りできるようにしたんです。これが大当たりで、時間によって小グループができ、内容の濃い話ができたとおおむね好評でした」

 帰省費用がかからない分、これまで遠のいていた同窓生たちも数多く参加してきたという。

関連ニュース