記事詳細

【青島美幸のスーダラクッキング】お酢でさらにおいしく「生ハムマリネ」 (2/2ページ)

 生ハムは強烈にしょっぱかったので塩コショウはせず、オリーブオイルをタパタパかけて2日ほど冷蔵庫の中でお休み頂きまして、出来上がったのがこの写真の「生ハムマリネ」。

 オリーブオイルって減塩もできるんですね? スモーキーな感じがなくなって助かったけど、すっかり味がなくなってしまって残念な失敗作に。ところがここにお醤油をかけたら「あらまあ、おいしい」。

 そうそう、生ハムにお酢をかけると更においしくなるんだったっけ、とお酢をかけたらまさしくビンゴ。母が「ミーちゃんって、たまにひらめくのよね」って褒めるなら褒める、けなすならけなす。中途半端な毒舌を吐く母。

 ついでに母もオリーブオイルでマリネにしたろかッ。

 ■材料

 生ハム 100g

 玉ネギ 半分

 オリーブオイル たっぷり

 お醤油 少々

 ■作り方

 (1)生ハムを適当な枚数に分けます

 (2)容器に玉ネギのスライスを敷いて、生ハムを乗せます

 (3)玉ネギと生ハムを交互に重ねてオリーブオイルをかけます

 (4)2日ほど待つとマリネが出来上がります。

 ■ポイント

 生ハムによっては1日でできることもあります。

 ■青島美幸(あおしま・みゆき) 作家。1959年生まれ。『青島家の食卓』(グラフ社)ほか著書多数。放送作家、講演、タレント活動など幅広い。父は参院議員、都知事を歴任、「スーダラ節」など数々の作詞を手がけた直木賞作家の青島幸男氏

関連ニュース