記事詳細

【お酒を楽しむ】夏に爽やか!!スパークリング日本酒 2代目ミス夕刊フジ子GP・石原寛子リポート挑戦第6弾滝澤酒造編(上) (1/2ページ)

 2代目ミス夕刊フジ子グランプリ・石原寛子(29)リポート挑戦第6弾。今年の大河ドラマで話題の深谷市より、夏に爽やかなスパークリング酒『菊泉 ひとすじロゼ』について、滝澤酒造6代目当主兼杜氏・滝澤英之氏(50)からリモートで話を伺った。

 石原「わー色が綺麗。いただきます。甘い香り。(ひと口飲んで)美味しい!!」

 滝澤「ありがとうございます。泡が一般的なサイダーの泡よりも細かいので、まろやかに弾けますよね」

 石原「ほんとだ、すごーい細かい」

 滝澤「グラスに注いだ後で細く一筋の泡が立ち上がる。この様を製品名にしました」

 石原「へえー。なぜスパークリングの日本酒を造ったのですか?」

 滝澤「乾杯から日本酒は重いので、スパークリングの日本酒があってもいいと思ったんですよね」

 石原「最初に辛口のスパークリングワインを飲むのは苦手。でもこれは美味しい! ピンク色は何で?」

 滝澤「これは赤色酵母の色素を生かしていますね」

関連ニュース