記事詳細

【ドクター和のニッポン臨終図巻】ジャーナリスト・作家、立花隆さん 日本人の死生観に影響 (1/2ページ)

 僕は死に関する本をたくさん出しているせいか、死後の世界や臨死体験について、よく尋ねられます。スピリチュアルの世界に精通していると勘違いされることもあります。しかし僕が詳しいのは、人が「死ぬまで」のことであり、「死んでから」はよく知りません。なんせ、死んだことがないもので。

 個人的には、死後の世界はよくわかりません。ただ臨死体験について訊かれたときは、まずはこの人の本を読んでくださいと答えることにしています。

 知の巨人といわれたジャーナリストで作家の立花隆さんが、4月30日に亡くなっていました。公式ホームページによれば、立花さんは糖尿病や心臓病のため、1年前に大学病院に再入院。しかし検査や治療、リハビリを拒否したため別の病院へ。転院先では、「積極的な治療を目指すのではなく、少しでも全身状態を平穏で、苦痛がない毎日であるように維持する」との方針で入院生活を続けていたようですが、4月に急変されたとのこと。享年80。死因は急性冠症候群との発表です。

 心臓へ血液を運んでいる冠動脈が狭くなったり、詰まることで引き起こされる不安定狭心症と急性心筋梗塞。この2つの病態を併せて「急性冠症候群」と呼んでいます。突然胸が締めつけられ、肩や背中まで激しい痛みに襲われる、いわゆる心臓突然死に至るケースも多いのですが、糖尿病患者や高齢者の場合は、症状がはっきりしないまま進行することも。80歳で入院中だった立花さんも、そこまで激しい痛みに襲われることなく旅立たれたのでは…と推測します。

関連ニュース