記事詳細

【ベストセラー健康法】1日5分の運動だけで無理なく“お腹やせ” 2~3カ月で3キロ以上のウエイトロス (1/2ページ)

 甘いものが好きでやめられない、ジョギングや筋トレを始めても長続きしない、でも痩せたい…。世のお父さんの多くが持つ共通の悩みだが、ダイエットの成功者は「それで痩せようなんて、考え方が甘いんだよ」と、上から目線で厳しく指摘する。しかし、そんなお父さんにもやさしく手を差し伸べてくれる本が出た。

 理学療法士の矢口拓宇氏による『腰痛を治しながらお腹がやせる! 1日5分姿勢なおしダイエット』がそれだ。

 タイトルからもわかる通り、1日5分の運動だけで、きつい食事制限をすることなく、2~3カ月で3~10キロのウエイトロスを実現するというのだ。しかも、“お腹やせ”に特化したこの取り組みは、下腹、横腹、背中の脂肪が燃焼されるので、ウエストを細くする作用も併せ持つという。いったいどんな仕組みなのだろう。

 著者は医療・介護の現場でリハビリに携わる。のべ3万人以上に施術してきた経験を持つ。そこでは「腰痛」の改善を目的としたリハビリも多く経験してきたが、改善に改善を重ねた結果完成した腰痛体操が、腰痛だけでなくダイエットにも大きな効果があることを発見。これを体系化し、まとめた。

 本書の柱は「正しい姿勢を身に付けること」。体の仕組みを理解したうえでトレーニングを実践し、立つ、歩く時の姿勢を意識することで、筋肉を付きやすくして代謝を上げる-という流れだ。不自然なことを一気に導入すると、ホメオスタシス(元に戻ろうとする力=恒常性)が働いてリバウンドを招くことになるが、本書の取り組みは1日5分と短く、徐々に変化させていく点が最大の特徴。リバウンドしにくいだけでなく、一度改善したら元に戻りにくい-という、じつにありがたい仕組みなのだ。

関連ニュース