記事詳細

【スポーツ医学から見た東京五輪】新型コロナ以上に注目されるドーピング問題 スポーツ選手と検査・摘発する側の攻防が激化 (1/2ページ)

 コロナ禍で行われる異様な東京五輪に、さらに追い打ちをかけるのがドーピング問題です。すでに、ロシアはソチ冬季五輪で発覚したドーピングで、2022年まで主要な国際大会から締め出されています。そのため、潔白が証明された選手だけが、ロシア・オリンピック委員会(ROC)の旗の下に、出場します。その数335人。国歌は使用できないので、表彰台ではチャイコフスキーの楽曲が流れます。

 中国のスーパースター、水泳の孫楊も出られません。スポーツ仲裁裁判所(CAS)が4年3カ月の資格停止処分を下したからです。彼は2024年5月まで国際大会から締め出されます。

 今回の東京五輪は、医学面から見たら、新型コロナにどう対処するかが最大の課題ですが、もしコロナ禍がなかったら、ドーピングがもっとも注目されたでしょう。年々、ドーピングは進化し、する側と検査・摘発する側の攻防が激化しています。

 そのため、世界反ドーピング機関(WADA)は、今回の東京から、新しい検査方法として「乾燥血液スポット検査」(DBS)を試験導入することになっています。

 DBSは、指先から少量の血液サンプルを採取し、専用の台紙に染み込ませて反応を見る検査です。従来の尿検査に比べて手間がかからず、精度も十分とされています。WADAはDBS導入で、「反ドーピングのゲームチェンジャーになる」と、宣言しています。組織委内でもDBSの研修が行われ、準備は整っています。ドーピング検査の現場では専門医や薬剤師が活躍します。

関連ニュース