記事詳細

【東京舞台さんぽ】近代製紙業の発祥地「北区王子」

 実業家、渋沢栄一の呼び掛けで創立された「抄紙会社」が1875(明治8)年、東京都北区王子で操業開始した。水に恵まれ、工業用地として当時、理想的だった土地柄。日本の近代製紙業の黎明期を知ろうと訪ね歩いた。

 “江戸の六上水”の一つから分水し、延長した「千川用水」から良質な水を得られ、紙の原料や製品の運搬に石神井川の水運を利用できた。この地が選ばれた理由は他に、都市部の人々に民間による機械工業の模範として広く伝えたいという渋沢の狙いもあったとされる。

 JR王子駅を出てすぐの場所にレジャー施設「サンスクエア」が立つ。ここには抄紙会社の工場があった。93(明治26)年に「王子製紙」と改称。王子の工場は太平洋戦争中に休業し、空襲被害で大半が焼失した。敷地内に「洋紙発祥之地」の碑があり、近代製紙産業の発展を今に伝える。

 王子駅の反対側にある飛鳥山公園へ。徳川吉宗により千本以上の桜が植えられた景勝地。明治時代の錦絵には、煙を出す製紙工場を背景に、素焼きの皿を投げる「かわらけ投げ」を楽しむ庶民の様子が描かれた。

 世界的にも珍しい紙専門の博物館があると聞き、「紙の博物館」を見学した。明治初期、紙の主な原料は木綿などのボロだった。薬品と混ぜ、高温高圧で煮てパルプを作る「ボロ蒸煮釜」を目にした。直径約1.5メートル、横約6メートルの鉄製釜が回転する様は想像するだけで迫力がある。

 多様な和紙文化も紹介する。仏教を広めるために製紙を奨励し“紙祖”と祭られる「聖徳太子御影」(奥田元宋画)を展示。「手すきで作った因州和紙で、一枚紙です。聖徳太子の偉業を示すために描かれました」と同館学芸員の平野祐子さん(48)が語ってくれた。

 【メモ】石神井川の旧流路を整備した音無親水公園は水車や木橋があり、「日本の都市公園百選」にも選ばれている。

関連ニュース