記事詳細

【教えて!愛先生の食薬習慣】アルコールから胃粘膜を守る ビタミンUを含むキャベツ、ブロッコリー、アスパラガスなどでサポート (1/3ページ)

 猛暑が続きますね。2年目の新型コロナに変異株、ワクチン接種に緊急事態と異例の出来事がひっきりなしに起こり歴史に刻まれる夏となりました。あんなことあったね、こんなことあったね--と数年経っても忘れられないと思います。

 この大きな時代の変化に左右されることが不可避なのが私たちの生活習慣です。最近では「二極化」が深刻だと感じます。

 たとえば、新型コロナが流行してから、夜更かしになった人は、ストレス増大、食べすぎ・飲みすぎ、運動不足に悩まされています。一方で、朝型に生活をシフトし、運動の習慣を作って、無駄な人づきあいから解放され、ストレスフリーに。食事や時間のコントロールがしやすくなって、生活習慣病が軽減した人もいます。

 あなたはどちらでしょうか? どちらがいいかは一目瞭然ですが、見直す時間ができた分、価値観が変わってきた人が増えています。そこで、今週は「二極化」をテーマに体を整える食薬習慣を紹介していきます。

 1回目は、お酒の習慣についてお伝えしていきます。

 ■「家飲み」で酒量は増えたか、減ったか

 外出を控えなければならない今夏、自宅でキンキンに冷えたビールやハイボールを飲みながらオリンピックを満喫した方は多いと思います。高い視聴率を見ると、「ステイホーム」に一定程度の役割は果たしたのでしょう。

関連ニュース