記事詳細

【銭湯 湯悠散歩】アトピー性皮膚炎で悩む常連客からも「入浴後、かゆくならない」と大好評 東京足立区「若松湯」

 東武スカイツリーライン五反野駅から徒歩6分。創業は1955(昭和30)年。80年にビル型に建て替え、現在は2代目の山田知孝さんが引き継いでいる。

 若松湯では“高濃度軟化水”を使用。硬度成分を限りなくゼロに近づけた軟水は、肌トラブルの原因となるせっけんカスがほとんど生成されないので、湯上がりに顔がつっぱることがなく、洗い髪もきしみにくい。アトピー性皮膚炎で悩む常連客からも「入浴後、かゆくならない」と大好評。「軟水は湯の当たりもやわらかく、湯温が42℃前後なので、ゆっくり浸かって温まれます」と、山田さん。

 湯船は、森林浴が楽しめるミスト風呂、ミクロバイブラ(気泡風呂)、ポイントマッサージ(座風呂)、水風呂、岩風呂の薬湯のほかにサウナ(別料金)もある。

 浴室の壁には銭湯には珍しい洋風画が色鮮やかに。鏡も驚くほどピカピカで、毎日ていねいに手入れがされていることがうかがい知れる。

 銭湯で季節を感じられるように“地サイダー&地ラムネ”も期間限定で販売中。

 ■東京都足立区中央本町2の19の11。03・3886・5230。営業15~24。金休。料金大人480円。サウナ別途、200円(バスタオル付き)。

関連ニュース