記事詳細

【銭湯 湯悠散歩】超音波、電気刺激、気泡、生薬の浴槽で、芯まで温めてくれる 東京都江東区「らかん湯」

 都営地下鉄新宿線西大島駅A2出口から徒歩4分。1949(昭和24)年ごろに創業した老舗銭湯。銭湯名は、近くに“羅漢寺”があったことが由来。65年にビル型に建て替え、現在3代目となる今本智之さんが、夫婦で店を守っている。

 浴室に入るとすぐに、サウナ用の小さな円形水風呂がある。洗い場のスペースが広く設けられているのは、同湯ならでは。また、銭湯画が明るい色彩のモザイク画であることも特徴だ。

 浴槽は、からだの8つのポイントを超音波で刺激する水枕付きの「座風呂」。電気による振動でからだ全体を刺激する「電気風呂」。超微粒子気泡のマッサージが、からだの奥深くまで刺激する「気泡風呂」など。さらに、高麗人参や唐辛子、陳皮などの生薬を麻袋に入れた「宝寿湯」があり、腰痛や冷え性などに効果的だ。

 サウナ利用の場合は、料金を支払い“下駄箱の鍵”を預けると、“サウナバンド・貸しバスタオル・小タオル・バスマット”が渡される。手ぶらで来ても、小タオルは無料で貸してもらえる。随所にご主人の温かい人柄がうかがえる。

 ■東京都江東区大島2の37の7。03・3684・3775。営業15~22(現在、時短営業中)、月休(祝日の場合は営業、翌平日休)、料金大人480円。サウナ別途300円。

関連ニュース