記事詳細

【HPVワクチンに女性も男性も注目せよ】副反応をめぐる今とこれから 厚生省が若い世代向けに啓蒙活動 ワクチン効果が実を結ぶためには、正しい知識の流布が欠かせない (1/2ページ)

 新型コロナ収束の切り札として、急ピッチで進むワクチン接種。一般的に感染症にかかると、その原因となるウイルスや細菌などに対する免疫を獲得することができる。するとその感染症に再びかかりにくくなったり、かかっても症状が軽くなったりする。ワクチン接種は、あえて体内に異物を投与して免疫反応を誘導するのだが、効果だけでなく副反応も生じるリスクもあるため、しばしば抵抗に遭ってきた。

 厚生労働省によると、コロナのワクチン接種が始まった今年2月17日から8月8日までに、「副反応の疑いがある」という報告された頻度はファイザー社ワクチンが0・02%(9065万1661回接種中2万0492例)、武田/モデルナ社ワクチンは0・01%(1226万1354回接種中1564例)。共に安全性に重大な懸念は認められないと評価されている。

 とはいえ、接種後の死亡例などネガティブなニュースは後を絶たない。岡山の企業が職域接種のためにワクチンを保管していた冷凍設備のブレーカーが落ち1600回分が廃棄になったという報道もあった。

 ワクチンと副反応との関連性を評価するのは非常に困難で多くの症例を分析する必要はあるが、変異株による感染が拡大する現状では打つメリットとデメリットを天秤(てんびん)にかけ、冷静に判断することが個人に委ねられている。

 ワクチンの副反応といえば、真っ先に思い出すのは「HPVワクチン」ではないだろうか。「HPV=ヒトパピローマウイルス」は、子宮頸(けい)がんの原因として知られている。

関連ニュース