記事詳細

【中高年のための認知症講座】コーヒーを含む「現代的日本食」に注目 認知症でない人は、魚介類やキノコ類、大豆類などを摂取している割合が有意に多い (1/2ページ)

 認知症と診断される前の段階、MCI(軽度認知障害)までは、認知症の発症を予防できる可能性がある。

 今回は食事について。生活習慣病からの血管の劣化が脳の老化に直結するのであれば、生活習慣病の原因となりうる食事内容も、脳の老化に大きく関係することは誰でも予測できるだろう。エビデンス(科学的根拠)もいくつか出てきている。

 たとえば『認知症疾患診療ガイドライン2017』には、魚の摂取は認知症のリスクを軽減する、と記されている。これは魚油に多く含まれるDHAやEPAなどのオメガ3系脂肪酸の働きによるものと考えられている。最近では「ビフィズス菌MCC1274」という菌株が、ランダム化比較試験というエビデンスレベルの高い方法で認知機能の改善効果が認められたという論文もある。これらは食事や腸内細菌に関係していることを意味している。

 近年では「脳腸相関」に注目が集まり世界中で研究が進められている。簡単な例でいえば、ストレスを抱えるとお腹が痛くなったり、反対にお腹の調子が悪いと不安な気持ちになったりするようなことだ。とくに腸から脳への影響は、腸内細菌の働きが大きく関係していることは間違いない。2021年2月には、世界で最も多く引用される科学誌『ネイチャー』でも、腸内細菌とさまざまな精神疾患との関係について論文が発表された。

 国立長寿医療研究センター、もの忘れセンターの佐治直樹副センター長=顔写真=は、15年から腸内細菌についての臨床研究を行い、認知症かそうでないかによって腸内細菌叢(そう=フローラ)の構成タイプが異なることを発表。2020年には腸内細菌の代謝産物は認知機能と強く関連することも見いだした。

関連ニュース