記事詳細

【ベストセラー健康法】在宅医が助言する最期の時間の過ごし方 『納得できる最期のために「在宅死」という選択』(大和書房) (3/3ページ)

 刊行した思いについて、著者は言う。

 「終末期の患者さんご本人とご家族が、できるだけ後悔少なく生き抜いてほしい、という思いから出版しました。終末期においては『現状を理解して、選択肢を知ること』が大切で、その選択肢の一つが『在宅医療』。終末期では病院とほぼ同じ緩和医療が可能です。多くの方々に『家で逝く最期も選べる』ということを知っていただけたら幸いです」

 いかに生きるかを自分で選択することが大切であるように、いかに逝くかも非常に大切な問題である。 (田幸和歌子)

■「納得いく最期」を迎えるための11の条件

1、本人や家族が、病気の段階を理解する

2、「最期の過ごし方」をお任せにしない

3、思いは言葉にして伝える

4、ゴールは、穏やかに過ごすこと

5、病気や死を誰かのせいにしない

6、本人と家族・身内で、できるだけ隠し事はしない

7、医療・介護スタッフに心をひらく

8、看取る人も後悔しないように

9、いなくなった「あと」のことも考える

10、遠い親戚に気をつける

11、「後悔しない死」を求め過ぎない

※詳細は本書を参照

関連ニュース