ライフ・健康の連載

世界遺産旅行講座
世界遺産旅行講座
黒田尚嗣

日本の製糸技術支えた陰の主役「富岡乙女」 明治日本の世界遺産「富岡製糸場と絹産業遺産群」

 私は30代から40代前半にかけて、父の経営する繊維会社を手伝っていた際、人の皮膚に優しいシルク(絹)について研究していました。シルクは植物であるクワ(桑)の葉を食べるカイコ(蚕)の繭から作られたタンパク質の繊維であるため、植物繊維の吸放湿性と動物繊維の保温性を備えた他の繊維の追随を許さない最高の天…【記事を読む】