ライフ・健康の連載

暗黒大陸を照らす光 膵臓がん治療最前線
暗黒大陸を照らす光 膵臓がん治療最前線

膵臓がん、血液採取で診断する「リキッドバイオプシー」 患者の負担軽減へ、治療後の再発予測・予後予測などを臨床研究

 5回にわたって膵臓がん治療の最前線をみてきたが、治療にかかわってきた医師らが一様に声をそろえるのは、膵臓がん治療が一昔前に比べて様変わりしていることだ。日本屈指の膵臓がん手術数を誇る静岡がんセンター病院長の上坂克彦医師もその1人。「2000年代の初めは何をやっても上手くいかなかった。例えば手術しか…【記事を読む】