ぴいぷる

【高橋名人】“ゲー夢”ひと筋 16連射も健在

2009.10.20


高橋名人【拡大】

 1980年代半ば、「16連射」でファミコン界を席巻し、チビっ子たちのヒーローとなった名人。現在もハドソン宣伝本部の社員として新作ゲームのPR戦略を練る日々を過ごす。時々、「真夜中のゲーム大会」なるイベントを開き、ファミコンで“大きいお友達”と触れ合っている。

 「私はゲーム開発をしていない。ずっと宣伝畑ですね。2006年に会社から正式に『名人』を拝命しました。名刺に『名人』ってあるのは将棋の世界以外に私ぐらいじゃない? いちおう、部長級らしいです」と謙遜気味の笑顔を見せる。

【80年代席巻】

 85年3月、月刊誌『コロコロコミック』(小学館)が企画したイベントで「チャンピオンシップロードランナー」の“チャンピオン”としてゲームを解説。「ウケがめちゃくちゃよかった。夜の打ち上げで、お店のゲーム大会を全国規模にしたら面白いんじゃないかという話になった」。すぐに大手スーパー、ダイエーに掛け合い、約60店舗を40日間で回る「全国キャラバン」を計画した。ハドソンの新作「スターフォース」を公式ソフトに指定し、全国の子供たちが腕を競う前代未聞の大イベントが始まった。

 だが、大計画をブチ上げたものの、「当時はお金も人手もなかった。タレントさんを呼んでゲームの説明や練習をしてもらう時間もない。だったら自分でやっちゃったほうが早い」と、自らを「名人」と設定し、模範プレーを見せつける役目を買って出たのだ。

 「85年の夏休みがうまくいけば御の字だった。それが2年、3年と続き、来年には25周年となるわけですが、まさかこんなに長く続くとは思わなかったですね」

 「高橋名人」の名前は早くから小学生の間では知られていたが、85年12月に東京新聞の名物コーナー『こちら特報部』で「“スーパーヒーロー”出現」と報じられて「状況は一変した」。

 86年になって、ファミコンは品切れが起きるほど大ブームに。「ラッキーなことに、マスコミがファミコンについての意見を聞こうとした時に他に誰も話を聞ける人がいなかった。それで、みなさんが私に注目してくれた」。取材や出演依頼が殺到し、「高橋名人」の知名度は幅広い世代に広がった。

【1日1時間】

 得意技の16連射には背景がある。実家が金物店で、灯油の配達を手伝ううちに握力がついた。大学中退後に就職したスーパーの影響も大きい。配属されたのは青果売り場。「玉ねぎは1袋20キロ。2、3袋かついで階段を上り下りすると、柔らかい筋肉がついてくる。それがよかったんじゃないか」。

 いまも子供たちには「ゲームは1日1時間」を提唱する。「大人になって子供のころの思い出がゲームばかりだと嫌じゃないですか。僕らは釘を投げたり、鎌で牧草を刈ったり、血が流れるような遊びをやっていた。小学生までは自由に、体で体験できる遊びを増やしたほうがいい。いまの子供は塾や勉強でスケジュールがいっぱいで、かわいそう」。

 ハドソンの定年は60歳。「あと10年弱。まあ、ゆったりと…。会社にいる間は、いままで通りテレビゲームの面白さを伝えたい」と言う。経営や出世には興味がなさそうだ。

 「退職したら、おもちゃの病院をやりたいですね。治すというより壊しちゃうかもしれないけど、治す努力を子供と一緒に体験するのは面白い。ゲーム大会をやっていたころ、失敗した時や成功した時、子供はすごくいい顔をするんですよね。あれは本心の顔。そんな顔をずっと見ていたい」

 いつまでも子供たちの名人であり続ける。

 ペン・鎌田剛

 カメラ・原田史郎

プロフィール 高橋名人 本名・高橋利幸。1959年5月23日生まれ、50歳。札幌市出身。大学中退後、地元のスーパー青果部に勤務。仕入れや在庫管理のために自腹でマイコンを購入し、プログラムに没頭する。パソコン仲間の面接に付き合ってハドソンを訪れると、幹部に「スーパーでデカい声を出している君のような元気のいい営業がほしい」と言われ、採用が決まった。82年に入社。85年に「名人」の称号が広まり、テレビや映画出演、漫画化など時の人となる。86年にファミコンソフト「高橋名人の冒険島」が発売され、100万本の売り上げを記録。最終作「冒険島4」は、くしくもファミコン最後のタイトルとなった。「うちにも在庫がなく、お店で買ったらプレミアムが付いて1万円もした」。90年代後半にスキンヘッドにした際、トレードマークだった帽子を脱ぐ。今年8月、50歳を機に自身の半生を振り返った「公式ガイドブック 高橋名人のゲームは1日1時間」(エンターブレイン、1680円)を出版した。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

フィリピン人講師とスカイプを使って、1対1のオンライン英会話レッスン。毎日受講しても月5000円です。

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!