ぴいぷる

【三谷幸喜】犬の散歩で「ステキな金縛り」

2011.10.27


三谷幸喜【拡大】

 「朝、犬の散歩をしているときに、ふとビジュアルが浮かびました」

 脚本・監督を手がけた映画「ステキな金縛り」(東宝系で29日公開)の、そもそもの始まりは犬の散歩だったらしい。三流弁護士(深津絵里)が担当する殺人事件で、被告人の無実を証明できるのはただ1人、421年前に無念の死を遂げた落ち武者(西田敏行)という破天荒な“法廷映画”だ。

 「はじめに浮かんだビジュアルは、旅館に泊まった弁護士が夜、金縛りにあって、幽霊が上に乗っかっている。そこで弁護士が幽霊に『法廷で証言してください』とお願いし、幽霊のほうがビックリしてしまうというシーンでした」

 そのビジュアルから、「どうして弁護士は幽霊に法廷での証言を頼むのか?」などを考えていき、ストーリーができたそうだ。その突飛なストーリーを支えるのが豪華なキャスト陣。三谷映画は出演者に優劣をつけがたく、エンディングのクレジットが五十音順になっていることで知られるが、今回もちょい役に佐藤浩市、唐沢寿明、深田恭子、篠原涼子といった主役級の俳優が出演している。

 「唐沢さんは今まで撮った5本の映画、すべてに出てくれています。“縁起物”のような存在です。深田さんは以前、番組でご一緒して、出演者全員のメッセージを書いた色紙の中に『次の映画に出させてください』と書いてあったので、お願いしました」

 そういえば、今年1月に上演した舞台の主演に藤原竜也をキャスティングしたのも、以前、三谷のドラマに出た藤原が「今度、一緒に舞台やりたいですね」と言ったことがきっかけだった。

 「俳優さんからそんなふうに言ってもらえるのはうれしいし、役に立ちたいと思いますね。本来、俳優さんって仕事を待っている立場だから、そのプレッシャーはすごいと思います。だから俳優さんの方からやりたいと言ってくれるのは素敵なことだし、僕ができることがあれば、かなえてあげたいと思うんです」

 そういう思いやりが俳優にも伝わり、一流の俳優から絶大な支持を受け続けているのではないか…とストレートに質問すると、「いや、お互いに打算が働いているだけです」と照れ隠し。とてもシャイな人なのだ。

 今年5月に女優の小林聡美と離婚。現在の“パートナー”は冒頭に登場した犬だけとのことだが、そんな私生活とは逆に仕事は“モテキ”ともいえる状態。生誕50年の大感謝祭として年内に新作劇4作、テレビドラマ2作、映画と小説は各1作ずつ発表予定だ。

 まずは来月3日午後9時から、WOWOWプライムでドラマ「short cut」が放送される。なんと、ワンシーン・ワンカットの2時間ドラマ。中井貴一と鈴木京香演じる夫婦が口げんかをしながら山の中をさまよう話だ。

 「舞台は2時間長回しみたいなものなので、わりとそういうものには慣れていますね。これは映像でありながら、演劇でもありドキュメンタリーでもある作品です。ただ、俳優さんたちはノンストップで山の中を歩くので、演技ではなく本当にクタクタになっていましたね」

 間髪を入れず同5日午後9時からフジテレビ系で放送されるドラマ「ステキな隠し撮り〜完全無欠のコンシェルジュ〜」も斬新な企画。「ステキな金縛り」のジョイント企画ドラマだが、“隠し撮り”風のドラマだそうだ。「ドキュメントのようなコメディーを考えて、思い浮かんだのが『どっきりカメラ』でした」という。

 さらに、12月公演の舞台では、自身初の“一切笑いのない”シリアスな演劇に挑戦する。

 「僕は飽きっぽいので、いつも新しいものに挑戦したいんです。でも実生活では安定を望むので、たとえば服は今日着ているものと似たようなのが6着あります。選ぶのが嫌なんですよね。そこに頭を使いたくない。その代わり、仕事ではいろいろと考えています」

 「いろいろ」とは?

 「今後は海外の人も笑わせたいですね。別に外国で認められたいというのではなく、日本は笑いに関してかなり優れている気がしているからです。落語のような古典はもちろん、バラエティー番組にしても(笑わせる)腕がある。以前、ロンドンでスピーチしたとき、『日本人が人を笑わせるのを初めて見た』と言われたんです。だから『日本人は、こんな面白いものが作れるんだ』ということをもっと世界に伝えたいんです」

 “世界の三谷”になる日も近い。

 (ペン・加藤弓子 カメラ・大山実)

 ■みたに・こうき 1961年7月8日生まれ、50歳。東京都出身。日大芸術学部演劇学科在学中に劇団「東京サンシャインボーイズ」を結成。舞台で一世を風靡した後、テレビや映画の脚本・演出に進出。12月3日から公演の舞台「90ミニッツ」は東京・パルコ劇場をはじめ、北九州、大阪、金沢、仙台、新潟、名古屋、広島で公演。「ステキな金縛り」期間限定ツイッターhttps://twitter.com/#!/mitanikoki。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

フィリピン人講師とスカイプを使って、1対1のオンライン英会話レッスン。毎日受講しても月5000円です。

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!