ぴいぷる

【池脇千鶴】いつのまにか“成”純派 汚れ役まで演技の幅広げ (1/3ページ)

2014.04.18


池脇千鶴【拡大】

 「デビューして18年です」

 そのルックスからすぐ連想はできないが、かなりキャリアを積んできた。映画出演も多いが、こんどの出演作「そこのみにて光輝く」(19日公開)は、大げさではなく、後に女優人生を変えたと特筆されるものになるだろう。本作品はモントリオール世界映画祭に出品される。

 ふだんの清楚な素顔からは想像がつかないが、劇中では「私、稼がなくてはならないの!」と言い放ち、体を売って家族の生活を支えるヒロイン、千夏を演じている。

 北の町に住む2人の男(綾野剛、菅田将暉)。そのひとりの姉で、中年男と不倫関係を続ける、いわば汚れ役だ。デビュー当時に多かった優等生的な役ではない。

 原作は1980年代に芥川賞候補として5回も名が挙がりながら、90年に41歳で自殺した不遇の作家、佐藤泰志氏が唯一残した長編小説。「海炭市(かいたんし)叙景」も2010年に映画化されるなど、再び注目を集めている。

 「原作と映画は別物なので読んでいません。『舟を編む』(三浦しをん作)も『爆心 長崎の空』(青来有一作)も…」

 彼女はそう話す。原作のイメージにとらわれることなく演じたい、という思いか。

 「そこのみにて光輝く」のロケは、佐藤氏の出身地である北海道・函館で行われた。

 

注目情報(PR)

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

実践で使える英会話を習得!業界最高峰の講師がサポートします。毎日話せて月5000円《まずは無料体験へ》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

サンスポ予想王TV

競馬などギャンブルの予想情報を一手にまとめたサイト。充実のレース情報で、勝利馬券をゲットしましょう!