ぴいぷる

【新垣結衣】恋人にしたい女優ナンバーワンも「男っぽいんですよ、私」 (3/3ページ)

2015.02.26


新垣結衣【拡大】

 「演じるときは、(自分を)振り絞っています。“用意スタート”でバン! と出す感じ。相手役の方との掛け合いがうまくいくと楽しいですね。基本的には体力勝負です。頑張っていますよ」とガッツポーズを見せる。そんな頑張り屋の彼女だからこそ、オフの日はゆっくり休む。

 「とにかく何にもしません。体が動かなくなるんですよ。動くようになったら、掃除してみたり、料理してみたり、外に出てみたり…」

 人気女優ならではのプレッシャーもあるだろう。逃げ出したくなることは?

 「逃げるのであれば、そもそもお仕事をお断りします。やるとなったら、やるしかないです。せざるを得ないですね。その撮影の日は来るし、たくさんの人たちが関わっているので、精いっぱいやります」

 言い切る姿は凛として、覚悟や芯の強さが見える。可愛いだけでは女優は務まらない。

 「男っぽいんですよ、私」

 男性だけではなく、女性からも支持される理由は、ここなのだろう。 (ペン・加藤弓子 カメラ・矢島康弘)

 ■あらがき・ゆい 女優。1988年6月11日、沖縄県生まれ、26歳。ティーン雑誌「ニコラ」のモデルとして活躍後、女優業を中心に活動。2006年、CMの美少女として注目を浴び、07年の初主演映画「恋空」が大ヒットを記録した。11年の「全開ガール」(フジテレビ系)で連続ドラマに初主演した。主な出演映画に「恋するマドリ」「フレフレ少女」「ハナミズキ〜君と好きな人が百年続きますように」「トワイライト ささらさや」など。

 「劇場版 S−最後の警官−」が、8月29日に公開される。

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。