ぴいぷる

【小野花梨】おっとりした雰囲気ながら、時に迫力ある芝居 (1/3ページ)

2015.09.11


小野花梨【拡大】

 おっとりした雰囲気ながら、時に迫力ある芝居で、17歳にして演技派の域だ。12日公開の映画「ガールズ・ステップ」(川村泰祐監督)に、空気が読めない勘違い女子高生の役で出演している。

 「女子高生の等身大のモヤモヤした感情がよく出ている作品です。学校では自然と“スクールカースト(生徒間の序列)”ができてしまうこともあるし、脚本を読んだとき、共感できるところが多かったです」

 幼いころにいじめられたトラウマから、誰に対しても調子よく接してしまう高校2年生のあずさ(石井杏奈)は、ひょんなことからダンス部を結成する羽目に。一緒に集められたメンバーは、クラスに友達のいないボッチで地味な4人だった…。

 石井、小野のほか、メーンキャストには小芝風花、秋月三佳、上原実矩と同世代のフレッシュな女優陣が抜擢された。撮影中は5人で1つの部屋に寝泊まりしたという。

 「はじめはバラバラの部屋だったのですが、小芝さんが『一人では怖い』と言いだして…。最終的に狭い部屋で5人ギュウギュウになって寝ていました」

 同じような年齢の女優同士だからこそ、発見もあった。

 「私は人と比べがちだったのですが、女優という仕事に正解はないし、人と同じである必要もないので、これはこれでいいんだなと思えるようになりました。大切なことを学べてよかったです」

 

産経デジタルサービス

産経アプリスタ

アプリやスマホの情報・レビューが満載。オススメアプリやiPhone・Androidの使いこなし術も楽しめます。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。