ぴいぷる

【水森かおり】自身が持つ女性演歌歌手歴代1位の自己記録を更新 気になるプライベートは? (1/3ページ)

2016.07.07

水森かおり
水森かおり【拡大】

  • <p>水森かおり</p>
  • <p>水森かおり</p>
  • <p>水森かおり</p>

 ■3歳からマイク

 “ご当地ソングの女王”の24曲目は『越後水原(すいばら)』。新潟県阿賀野市にある白鳥の飛来地の瓢湖(ひょうこ)を舞台に女心を切なく歌い上げる。

 「最初に歌詞を読んだときに、その世界観、情景が頭にスッと浮かんだんです。そういう歌はいいんです。曲のなかに物語がきれいに流れていますから」

 オリコン週間シングルチャート初登場で5位(演歌部門1位)となり、これで13曲連続ベスト10入り。自身が持つ女性演歌歌手歴代1位の自己記録を更新した。

 3歳のころから、チビっ子のど自慢系番組に多数出演していた。

 「家族全員が歌好きだったんです。まだカラオケボックスのない時代でしたから、近所のカラオケスナックには、近所のおじちゃん、おばちゃんが常に集まっていて。そこで演歌を歌うと喜んでくれて、ホメてくれて、それがうれしかった」

 小、中、高校時代も、のど自慢番組では好成績を残すが、プロ歌手になろうという気持ちはなかった。

 「19歳のときにアメリカ留学中のクリスマスパーティーで、ホストファミリーの前で『赤鼻のトナカイ』を日本語で歌ったんです。そうしたら、涙を流して感動してくれて。歌手っていう仕事はすごいと思ったんです」

 帰国後、偶然「山川豊の妹分コンテスト」の募集を目にする。グランプリを獲得すれば歌手デビューのキッカケとなる。

 「でも、グランプリにはなれなくて。ただ、そのときに長良(じゅん)会長(故人、享年74)から、『いつデビューできるか分からないけど、うちでレッスンしてみませんか?』とスカウトされたんです」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。