ぴいぷる

【水森かおり】自身が持つ女性演歌歌手歴代1位の自己記録を更新 気になるプライベートは? (2/3ページ)

2016.07.07

水森かおり
水森かおり【拡大】

  • <p>水森かおり</p>
  • <p>水森かおり</p>
  • <p>水森かおり</p>

 以後2年間、事務所のスタッフとして働きながらレッスンを続けデビューの日を待った。

 1995年『おしろい花』でデビュー。だが、以後8年はまったくヒットには恵まれなかった。運命の曲となったのが2002年にリリースした『東尋坊』。

 「あくまで曲先行でした。カラオケファンの皆さまに“曲がイイ”と支持されて、口コミでジワジワと話題になったんです。そこから、歌っている水森かおりも徐々に知っていただいた感じですね」

 その後、『鳥取砂丘』(03年)から現在まで、“ご当地”曲が立て続けにヒットする。

 「次第に地方キャンペーンに行くと集まってくださるお客さまの数、反応が違ってくる。特に曲の地元の歓待はすごい」

 「わが地元を歌に」という依頼は、常に殺到中だそうだ。

 ■危機感が原動力

 いまやNHK紅白歌合戦の“常連”と言っていい。近年はゴージャスな衣装も話題。演歌が売れないといわれる時代に、確実にセールスを記録する人気をともなった実力派。だが、地道な努力は今も続いている。

 「先日もレコード屋さんの店頭で歌わせていただきました。紅白に出場しても、オリコンの記録を更新しても、安心だとは思っていません。常に危機感を持っています。常にそういう気持ちでいるのが、頑張る原動力になっています」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。