ぴいぷる

【AKIRA】EXILEにスカウトされ10年 今も加入したときのワクワク冷めていない (2/3ページ)

2016.07.13

AKIRA
AKIRA【拡大】

  • <p>AKIRA</p>

 出演者の熱さと本気度が伝わってくる。

 ダンスを始めたのは16歳のときだった。

 「親が、HIROさんがいたZOOの楽曲『YA YA YA』を持っていて、聴いてみたらかっこよかったので、ミュージックビデオを見ながらダンスのマネをしたのが始まり。その後、独学でダンスを練習しました」

 EXILEに入ったのは、同メンバーのUSAとMAKIDAIからスカウトされたのがきっかけだった。

 「21歳になるころに、知人からの依頼でクラブのイベントで踊ったとき、声をかけられました。その頃はEXILEが世に知られ始めていて、おふたりのことをEXILEよりも前のダンサー時代から尊敬していたので、お会いできた時は夢のようでした。しかも、出会いを経て最終的に身を置いたところは、自分のダンス原点であるHIROさんのもとだったので運命を感じています」

 EXILEのリーダーであり、所属事務所・LDHの代表取締役社長でもあるHIROには、教わることが多いという。

 「エンターテインメントを作っていくことの志、生き方、プライドなど、すべてをひっくるめたEXILE魂を教えてもらっています。この魂の先に、僕らの基本理念である『Love Dream Happiness』があるんです。前を歩いているHIROさんを見ていると、『自分はまだまだだなぁ』と常に思いますね」

 EXILEは、07年に7人、14年に5人のメンバーが加入。人数が増えることに対しては、「今までも仲間と出会い、共有してきたことで夢を叶えてきたので、進化するために必要なメンバーが的確なタイミングで加入してきていると感じている」と話す。

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。