ぴいぷる

【大島優子】「27歳までに結婚」のはずが、だんだん期限が近づいてしまって… (1/3ページ)

2016.09.21

大島優子
大島優子【拡大】

  • <p>大島優子</p>

 国民的人気のアイドルグループを卒業して2年の月日が経った。今は女優として、テレビや映画、舞台に活躍の場を移している。

 「AKB48にいたときは、『アイドルたるもの』みたいな思いがあって力んでいたのですが、今は、力を適度に抜くことを覚え、心に余裕ができました」

 22日公開の映画「真田十勇士」(堤幸彦監督)では、くノ一の火垂役で出演。運動神経の良さを生かしたワイヤアクションを披露している。

 「撮影当日にアクションをつけてもらって演じるといった感じだったので、現場に行くと、急に『今日は、飛びます』なんて言われていました(笑)。『これはできるかな?』と思うものも、スタントマンはいないので、トライせざるを得ない状況でした」

 現在放送中のNHK大河ドラマでも取り上げられている真田幸村(信繁)は、天下一の名将と言われているが、本作では、「実はそれは、忍者・猿飛佐助に仕組まれたものだった」という大胆な解釈で描かれている。

 「コミカルさとスピード感があって、歴史に疎い私でも楽しめる時代劇に仕上がっています」

 主演の佐助には中村勘九郎。歌舞伎界きっての花形役者との共演では刺激をもらったという。

 「勘九郎さんは、全く愚痴も弱音も言わないし、疲れている様子も見せず、誰に対しても分け隔てなく仲良くしてくださって、本当に人間力のある方でした。常に感謝をして仕事にのぞんでいるので、私も見習おうと思いました」

 

産経デジタルサービス

IGN JAPAN

世界最大級のビデオゲームメディア「IGN」の日本版がついに登場!もっとゲームを楽しめる情報をお届けします。

産経オンライン英会話

90%以上の受講生が継続。ISO認証取得で安心品質のマンツーマン英会話が毎日受講できて月5980円!《体験2回無料》

サイクリスト

ツール・ド・フランスから自転車通勤、ロードバイク試乗記まで、サイクリングのあらゆる楽しみを届けます。

ソナエ

自分らしく人生を仕上げる終活情報を提供。お墓のご相談には「産経ソナエ終活センター」が親身に対応します。