一番計算できるトウケイヘイロー

★朝日杯FS

2011.12.15


内海、しの、鉄平はそろってトウケイヘイローを高評価。強烈な末脚はここでも脅威だ【拡大】

 しの 今週は難しいですね。

 田中(大阪) 姐さん、それは先週当てた人のセリフやろ。

 しの 常に前向きに!

 田中 そう言われても、クラレントは東スポ杯2歳S(2番人気=13着)でずっこけよったし、ダローネガはデイリー杯2歳Sでそのクラレントに負けとるし、くるみ賞をレコード勝ちしたトウケイヘイローは清水久さんが「距離がなあ」と弱気やし…。

 鉄平 なにぶつぶつ言ってんだよ。トウケイなんてHペースの耐性が求められるこの舞台でこそのタイプだけどね。

 内海 馬券を買ってた前走はホント、安心して見ていられた。2走前、中山のカンナSだって3着とはいえ最後はすごい脚だった。このメンバーなら一番計算できるタイプかもな。

 しの キャリア4戦中3戦で最速の上がりをマークしてるんですよ。中山のマイル戦は短距離馬でも好走できます!

 田中 ……。

 しの くるみ賞でトウケイに負けたレオアクティブは京王杯2歳Sを勝っちゃったんですよね。

 内海 レオは杉浦さんが「距離が長い」って。

 しの ダローネガだって人気先行かもしれないけど、4戦して大きく崩れたことがない点は強み。父ダイワメジャーに母父ホワイトマズルなので瞬発力勝負より消耗戦でこそでしょうけどね。

 田中 イレ込みやすいし2カ月ぶり、減点や。

 鉄平 7Fのデビュー戦で最速の上がりを使ったという点で、クラレントは順調だったら主役だったモンストールと同じ。

 しの まっ、前走は放馬と不良馬場という言い訳がありますし。

 鉄平 激流の7Fで上がりNo.1は高い能力の証し…が持論だから。

 しの でも、◎はアルフレードかな

 内海 素材A級、中間もすごい動きだ。ただ、中山のマイルはどうか。

 鉄平 2戦はともにスローの決め手勝負。激流が予想される今回、戸惑わない?

 しの ウッドや坂路で時計が出るからスピード競馬に対応はできるでしょう。手塚調教師も先週のアイムユアーズ(阪神JF2着)より自信があるらしいですよ。

 鉄平 堅実性ではマイネルロブストがNo.1。素質を絶賛していた松岡が乗れないけどね。

 内海 前走も掛かりながら直線伸びる格好は見せた。中山のマイルのほうが条件は断然いい。

 しの で、田中さんの狙いは?

 田中 マコトリヴァーサル、どや?

 しの 特に…。

 内海 デイリー杯組は時計が平凡。

 田中 それは否定せんよ。ただ、小倉2歳Sは好発を決めながら後方一気に持ち込んだのに、前走は先行してバテた。「まだまだ奥がある。バカにしてもらっちゃ困る」って須貝尚さんも言っとる。

 鉄平 はい、もういい?

 田中 ええよ、メンディザバルがどう乗るのかなあ。

 鉄平 あと、1勝馬ではエネアド。東スポ杯組で最先着(5着)だ。

 田中 まっ、GIだからさ。来週のGIII(ラジオNIKKEI杯2歳S)よりレベルが低かったってのだけは勘弁してほしいもんやね。