鉄平、プレノタートは“お嬢様”じゃない!

★フィリーズR&中山牝馬S

2012.03.08


前傾ラップの消耗戦になりがちなフィリーズR。注目は差し、追い込み馬。中でも7F2勝がともに上がり最速のプレノタートは要警戒だ【拡大】

 しの 弥生賞、見てくれました? 3連単12万超! 泣いてばっかりのウルちゃんとは違うわ。

 漆山 ふん。本番の皐月賞、見てろよ。

 しの さびしいわね、お子ちゃまみたいな反論。レベルの低い話は終わり。本番といえば、フィリーズレビューの結果は桜花賞にほとんど結びついていませんね。

 水谷 そや。いかにも7Fっていうタイプを選んだほうがエエで。

 しの ただ、アイムユアーズなら“あり”かも。7FのファンタジーSを勝ってマイルの阪神JFで2着と、1Fの壁はなさそう。本命とは考えていませんけど。

 漆山 アイムはタイプ的にマイルよりも7F。だから本番と同じくらい力が入る。「ピッチ走法」(手塚調教師)だから道悪も苦にならない。

 鉄平 いや、このレースはいつも典型的な前傾ラップの消耗戦。だから注目すべきは差し、追い込み馬。7Fでの2勝がともに上がり最速のプレノタートの出番だ。

 内海 確かにクイーンCでは一瞬、切れ味を見せていた。距離短縮はプラスのクチだな。

 しの スタートが遅いのは気になりますけど…。ファインチョイスは? 賞金的には余裕があるのに、領家調教師が「マイルより短いほうがいい」って、まるで桜花賞を捨てたみたい。何か裏がありそうなムード。

 内海 オレはファンタジーSで好走したアンチュラスが気になる。

 しの 株価急落のディープインパクト産駒ですね。

 鉄平 この馬は違うよ。前傾ラップだったファンタジーSで、3番手追走から2着。川田の猛爆追いで伸びたあたり“お嬢様”じゃない。

 水谷 会見で「7Fで結果を残していますね」と振られたら、「本番に向けてはマイルのほうが向くと言われたい」と安田隆調教師は苦笑しとったな。

 しの 7F替わりはやはりプラスですね。

 水谷 ラシンティランテも、陣営が「けいこでも競馬でも並ぶと行きたがる」って言っとるあたり、距離短縮はエエね。

 しの 中山牝馬Sは美浦ね。馬券と花粉症で涙目のウルちゃんの出番。

 漆山 アカンサスは畠山吉調教師が、「カイバの配合を工夫して食わせ込めるようになった」って。以前は追い切りをセーブしていたのに、今回は中間に4本も追ってる。

 しの え、ホエールキャプチャで堅いんじゃないの? 55・5キロでも、エリザベス女王杯の4着馬ですよ。

 漆山 馬場は合うけどね。田中清調教師も「このレベルの馬は変わらないのが一番いい」って。

 鉄平 そのセリフ、どっかで聞いた。

 漆山 コスモネモシンもいいよ。「有酸素運動の量を増やしたから体は締まる」って清水英調教師が言ってた。

 内海 アプリコットフィズはね、厩務員が太めを心配しているほどカイ食いがいいらしい。

 しの いつもカイ食いがいい水谷さんは?

 水谷 そんなん勝つのはアカンサスかオールザットジャズや。

 しの 弥生賞の◎ジョングルール、ウルちゃんと一緒で9着でしたね。意味不明の自信、切り捨てていいですか?