スプリングサンダー無欲のゴール前強襲!水谷◎

★スプリンターズS

2012.09.27


水谷が◎に推すスプリングサンダー。“無欲のゴール前強襲”で大金星だ!【拡大】

 漆山 さ、秋のGI第1弾!

 鉄平 あれ、いたんだ。

 漆山 やっと涼しくなってきたし、天高く馬肥ゆる秋っていうくらいだしね。

 内海 意味わからん。ウルシはそれ以上肥えなくていいし、その張り切りぶりが空回りするゾ。美浦組は少ないけどサンカルロとフィフスペトルは元気。吉田豊によるとサンカルロの前走は夏負けらしいし。

 漆山 そうは言っても、得意の阪神だったセントウルSであれだけ見せ場がないのは…。しつこく追いかけてきた馬だけど、泣く泣く無印。

 しの 気持ち悪い人。普通にカレンチャンで決まりそうな気がするわ。セントウルSは馬体重が22キロ増だっただけじゃなく、斤量が56キロでしたからね。あれで0秒1差4着はやはり力が上という証拠。

 内海 今春の高松宮記念も去年のスプリンターズSも、ゴール前は余裕があったように見えたしな。

 漆山 でも、前走の急激な馬体増は数々の名牝が苦しんできた“オバハン化”かもしれないから。過信は禁物だ。

 しの なんか漆山くんのその言い方、妙にムカつくんだけど。

 漆山 じゃあ、おばん? おばさん? 熟女?

 しの もう、いいっ!

 水谷 ところで安田隆さんは、共同会見で「奇跡の1、2、3着独占を狙います」と言いよったで。

 しの その浮かれ方、何かイヤな予感がするわ。カレンチャンは別にして、ロードカナロアは6勝すべてが平坦コースっていうのが気になるし、ダッシャーゴーゴーは去年のCBC賞以来、1年以上も勝ってない。

 鉄平 でもダッシャーの前3戦は(4)(3)(2)着と尻上がり。2走前は酷量59キロ、前走が洋芝ではありえない1分7秒台の決着だったんだから、安田隆さんとこで一番充実してるのはこの馬かもよ。

 内海 難しいのは外国馬の取捨か。

 漆山 リトルブリッジはいかにも香港のスプリンターらしい馬格でしょ。顔つきも賢そうだし、早めの来日で意欲十分って気がする。

 しの ラッキーナインは3度目の来日で経験値は上位だけど、マイルとはいえ安田記念の11着は負けすぎ。5着だった去年ほどの怖さはないわね。シンガポールのキャプテンオブヴィアスは格下感があるし。

 水谷 やっぱ日本馬やろ。スプリングサンダーの四位騎手は「中山の芝は荒れてきて外差しが利くようになってきたし道悪も苦にしない」やて。無欲のゴール前強襲に乗っかる手かもしれん。

 鉄平 その馬は穴党専科に任せたらいいの。だいたい無欲なんて、それに乗っかるオッチャンの欲が重たい、重たい。

 しの 正直、どう扱っていいんだかよくわからないのがアンカツさんのパドトロワね。あれあれって感じで、サマースプリントのチャンピオンになっちゃったし。

 漆山 日本馬のなかでは、今の中山に最も脚質が合ってそうだけどね。この中山開催のスプリント戦は4角5番手以内の馬がだね…。

 内海 それ、長くなりそうだから、週末に聞くわ。

 水谷 ホンマに?

 内海 ソンイちゃんがね。