zakzak

記事詳細

中小企業の後継者不足で恩恵「フォーバル」「ラクーン」 (1/2ページ)

 先週、ビートたけしのテレビ番組で「中小零細企業の後継者不足問題」を取り上げていた。大手企業でさえ人手不足に悩まされているなか、普通に考えて零細企業に人材が集まるわけがない。

 経済産業省は今後10年のうちに経営者が70歳を超える中小企業が245万人にのぼり、うち127万人は後継者が決まっていないと試算している。日本企業全体の約3割に相当するというから状況はかなり深刻だ。

 政府は中小企業の第3者への事業継承を目的とした「事業引き継ぎ支援センター」を47都道府県に設置しているが、現状を見ると十分に機能しているとは言い難い。

 企業の倒産情報などを扱う東京商工リサーチによると、休廃業、解散する企業の半分近くは黒字のまま暖簾(のれん)を下ろすという。

 そうした企業を守る意味でも、さらにはビジネス的にも「後継者探し」市場は今後大きく拡大しそうである。今回は、その「後継者探し」に絡む10万円株を紹介しよう。

 中小企業向けに通信機器を販売する「フォーバル」(8275)。グループ会社で中小企業の経営コンサルタント事業を展開している。まだ支援案件は少ないが、同社にとって後継者不足問題は大きなビジネスチャンスだ。過去最高益を連続更新するなど業績も好調。9万円弱で購入可能である(25日時点、以下同)。

アクセスランキング