zakzak

記事詳細

中小企業の後継者不足で恩恵「フォーバル」「ラクーン」 (2/2ページ)

 グローバルにM&A(企業の合併・買収)アドバイザリー業務を展開する「GCA」(2174)。本体は大企業のM&A案件のみを扱うが、やはり子会社で中小企業の事業継承ビジネスを手掛けている。M&A関連は株価が高い銘柄が多く、10万円以下で購入できる銘柄の数は限定的。その点でも株価の大幅水準訂正が期待できそうだ。こちらも9万円弱で買える。

 中小企業向けの信用保証ビジネスを展開する「ラクーン」(3031)は、中小企業のM&A加速で恩恵を受ける銘柄だろう。信用保証ビジネスは消費者金融大手も手掛けるが、同銘柄は時価総額が100億円程度と小さいのが魅力。株価はやや調整色が濃くなっているものの、株式の需給が改善しつつあり、今後の反騰攻勢に期待したい。最低購入価格は5万6000円程度。(吉田礼音)

 【2018年6月27日発行紙面から】

アクセスランキング