“令和バブル”突入か 日経平均30年半ぶり3万円突破 識者「1年後にはバブル期の最高値更新」「3年後に6万円」予測も (1/2ページ) - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

“令和バブル”突入か 日経平均30年半ぶり3万円突破 識者「1年後にはバブル期の最高値更新」「3年後に6万円」予測も (1/2ページ)

 東京株式市場の日経平均株価が15日、約30年半ぶりに3万円の大台を突破した。「実体経済とかけ離れている」と過熱感ばかりを強調する相場解説も多いが、以前から株価3万円を予測していたストラテジストは「通過点にすぎない」として、1989年12月の3万8915円の史上最高値更新と4万円台突入も遠くないとみる。さらにベテラン証券マンは、「3年後に6万円もありうる」と予測する。

 15日は昨年10~12月期の実質国内総生産(GDP)速報値が事前の予想を上回ったことを好感した買いも入った。新型コロナウイルスワクチンの接種が国内で始まることも投資家の安心感につながっている。

 コロナ禍による経済活動の停滞を懸念し、日経平均は昨年3月に1万6000円台まで下がったが、日米欧が実施した大規模な金融緩和や財政出動が追い風となった。

 30年前の日経平均採用銘柄225種のうち、現在も採用されている銘柄は全体の約3分の1だ。現在の構成比で大きなウエートを占めるファーストリテイリング(ユニクロ)やソフトバンクグループ、ファナック、東京エレクトロンなどが採用されたのは00年以降で、単純な比較は難しいが、それでも3万円回復は象徴的な節目といえる。

 主要な市場関係者のなかで、いち早く株価3万円を予測していたことで知られるのはマネックス証券チーフ・ストラテジストの広木隆氏だ。

 「日本企業の改革も進むなど、経済構造が変貌していることが株高の背景にあったが、コロナ禍で政策が総動員され、大量のおカネがばらまかれたことでかえって3万円実現が早まった」と解説する。

 株高については景気を反映していないとの見方もあるが、広木氏は、コロナが沈静化することで、政府の財政支出によって銀行口座の預金残高に眠っているお金が一気に消費に向かうとみる。

 「景気が過熱気味になった場合、中央銀行の金融緩和の手じまいなどで一瞬相場がぐらつくこともあるだろう。そこで“補助輪”がなくても実力で勝負できる業績相場に移行できるかがポイントだ」と広木氏。

 バブル絶頂期の1989年12月に付けた3万8915円の更新も遠くないと語る。「今年の後半にはコロナとの戦いに勝つ瞬間がやってくる。最高値までここから30%程度上がればいいので1年後ぐらいには近づくのではないか。4万円を突破しても何らおかしくない」と強調する。

 ベテラン株式評論家の植木靖男氏も3万円について「ようやく戻ってきたが、この水準で日本の国力が大きく盛り返してきたことにはならない」と述べ、まだ上昇相場の途上との判断だ。

関連ニュース

アクセスランキング

×