【シニアライフよろず相談室】納骨堂(3) 承継者や、後の世代に負担かけないお墓選び - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【シニアライフよろず相談室】納骨堂(3) 承継者や、後の世代に負担かけないお墓選び

 お墓選びの際に「お墓の承継者がいない」「後の世代に負担をかけたくない」といった悩みを口にする人は多い。はせがわがご案内する屋内墓苑(納骨堂)では、こうした悩みにどのように答えているのか。はせがわ東京本社聖石推進部の佐藤城司副部長に聞いた。

 

 松栄山仙行寺沙羅浄苑(経営主体:宗教法人仙行寺、販売代行:はせがわ)は、東京屈指のターミナル駅、池袋駅から徒歩5分。木々の緑に覆われた外観=写真(1)=が特徴的です。建物の1階には、高さ5メートルの「池袋大仏」=同(2)=が宙に浮かぶかのように鎮座し、道行く人たちが手を合わせていきます。

 沙羅浄苑の一般参拝室の販売価格は90万円。この価格の中には、永代使用料(承継者が続く限り、永代にわたりご利用可能)▽永代供養料(承継者不在となった場合は永代供養施設にご遺骨を安置し、永代にわたり供養)▽銘板・彫刻(御影石の銘板に家紋や家名などを彫刻。お参りの際には墓石の正面に設置される)▽ご遺骨収蔵厨子▽参拝カード-などが含まれます。

 お子さんやお孫さんなど承継者が続く間は、名義変更を行うことにより、ずっとお参りし続けることができ、承継者がいなくなった後は、お寺が永代にわたり供養してくれるというわけです。沙羅浄苑では、承継者がいなくなった場合、ご遺骨をお1人ずつ専用の袋に入れて池袋大仏の足元の合祀(ごうし)墓にお移ししますので、お寺だけでなく、一般の参拝者の皆さんにも手を合わせてもらえます。

 沙羅浄苑では、年間1万8000円の護持費が別途必要になりますが、回忌にあわせて、17年、33年、50年分の護持費を事前に一括して納めることができる護持費前納制度もご用意しています。承継者のお子さまやお孫さまに負担をかけたくないという皆さんに好評です。

 また、「建物が老朽化し、建て替えが必要になった場合、どうなるの?」というご質問をいただくこともあります。はせがわが販売代行する屋内墓苑は、経営主体である宗教法人により将来の建物の建て替え費用などについて、考慮に入れた上で計画的に運営されておりますので、建物の建て替え費用をお客さまにご負担いただく心配はありません。

 はせがわがご案内する屋内墓苑は、将来のどうなるか分からない状況に柔軟に対応でき、快適にお参りできる駅から近いお墓です。お問い合わせ・資料請求は、フリーダイヤル0120・532・312(10時~18時)まで、お気軽に。 (株式会社はせがわ)

 ■「セゾンの身元保証」サービス資料提供

 「生前にお墓を購入したけれど、納骨をお願いできる人がいない…」というおひとりさまのお悩みは、シニアライフよろず相談室が提供する「セゾンの身元保証」が解決します。葬儀.納骨などの死後の手続きのほか、入院や介護施設入所についてもしっかりサポート。子供のいないご夫婦向けの「ご夫婦安心プラン」も。

 サービス提供エリアは東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県(離島を除く)。資料をご希望の方は、シニアライフよろず相談室宛に電話(03.5992.2463、平日9時~19時/土曜日9時~12時30分)かメールinfo@yorozu-soudan.com)で「夕刊フジを見た」とお申し込みください。※お申込み時に住所、氏名、年齢、電話番号をお伝えください。

 ■相談受け付けます

 一般社団法人シニアライフよろず相談室

 電話:03・5992・2463(平日9時~19時/土曜日9時~12時30分)

 ファクス:03・4496・4355

 〒170-0013 東京都豊島区東池袋1の33の8 NBF池袋タワー6階

関連ニュース

アクセスランキング

×