【マンション業界の秘密】タワマンが売れる東京と売れない大阪 住人の出身地、嗜好に影響か - zakzak:夕刊フジ公式サイト

記事詳細

【マンション業界の秘密】タワマンが売れる東京と売れない大阪 住人の出身地、嗜好に影響か

 先日、総選挙があってご存じの通りの結果に終わった。

 東京人にとっては、大阪の選挙区で自民党が壊滅し、日本維新の会が大躍進を遂げたことが不思議なのではないか。そのように予測したメディアはなかったと記憶する。

 大阪は長らく日本で2番目の街であったが、近ごろは神奈川よりも人口が少ない。ただし、神戸や京都も含めた都市圏と考えれば、日本では首都圏に次ぐ規模である。

 東京をはじめとする首都圏の住人は、大阪のことを「東京よりも小さいサイズの街」という捉え方をしている。人口や経済力など、ボリューム面の違いのみの差異で理解しているのである。

 それは間違いではない。しかし、かなり重要な部分を見落としている。

 大阪の選挙区で勝ち上がった維新の当選者で、関西弁を話せない人は何人いただろう。おそらくいないはずだ。

 私は京都市で生まれ育ったが、地元の人と話すときは京都弁である。時に標準語が出てしまうが、気の置けない間柄だと「気持ち悪いな」と言われてしまう。それは大阪でも同じはずだ。

 時に大阪で仕事をするときもある。多くの大阪人と接したが、彼らのほとんどは大阪府内かその周辺の出身者である。

 ところが、東京で出会った人のほとんどは地方出身者である。ときどき東京都生まれがいるという印象だ。

 つまり、大阪はサイズ的には大都会だが、地元人の街。東京はよそ者の街なのである。この違いはさまざまな面に表れてくる。

 私のフィールドであるマンション市場で考えてみよう。

 大阪のマンション市場では、需要層はほぼ大阪人。一般に関西人というのは、首都圏の人に比べて見栄を張る場面が少ない。それよりも自虐的にボケることを好む。だからなのか、街のサイズの割には見栄っ張り向きのタワーマンションの供給戸数が少ない。

 不動産経済研究所の「超高層マンション動向2021」によると、首都圏でのタワマン供給予定は173棟に比べて近畿圏は46棟。マンション市場の規模は首都圏が近畿圏の約2倍。街並みを重んじる京都ではタワマンは供給されない。神戸の中心である三宮地区でも開発は認可されていない。それを考えても、開発棟数が少なすぎる。

 よそ者の街である東京では、見栄っ張りに好まれるタワマンがよく売れる。だが、地元人がマジョリティーの大阪では、見栄よりも地に足が付いた暮らしが好まれるので、タワマン供給が進まないとも考えられる。

 人間関係のあり方も関係していそうだ。同じ地域に長く住むということは、お互いの人生の栄枯盛衰を見つめ合うことになる。威張ったり見栄を張ることは、避けた方が無難だ。タワマンのようなエラそうな建物に住むのも、同じなのではないか。

 ■榊淳司(さかき・あつし) 住宅ジャーナリスト。同志社大法学部および慶応大文学部卒。不動産の広告・販売戦略立案・評論の現場に30年以上携わる(www.sakakiatsushi.com)。著書に「マンションは日本人を幸せにするか」(集英社新書)など多数。

関連ニュース

アクセスランキング

×