zakzak

記事詳細

《zak女の雄叫び お題は「白」》頭が真っ白になるくらいの興奮を「第九」で 200年経っても色あせないベートーベンの叫び (1/2ページ)

 今年も日本に「第九」が響く季節がやってきた。

 「歌ってきた。頭が真っ白になった。最後、歌いながら涙が流れたのよ」

 関西では「1万人の第九」というイベントが30年以上続けられており、そこに初めて参加した一人が興奮気味に話してくれた。

 頭が真っ白になるくらい没入できる興奮を与えてくれるのが第九だという。

 ベートーベン(1770~1827)が残した交響曲第9番は、日本で「第九」と呼ばれて親しまれている。第九といえば、ベートーベンのもので、ほかの作曲家の交響曲第9番は指さない。ドボルザークでも、ブルックナーのでも、マーラーのものでも。

 日本では、大正7(1918)年に徳島の「板東俘虜収容所」でドイツ人捕虜たちによって初めて演奏された。来年で100年だ。そして日本人による全曲演奏は大正13(1924)年11月、東京音楽学校(現・東京芸術大学)で初めて開かれた。これも歴史がある。

 さらに日本で師走に頻繁に演奏されるようになったのは、戦後オーケストラが正月前の臨時収入を当て込んで客を呼べるこの曲を演奏したことがきっかけと言われている。

 ベートーベンは青年時代にドイツの詩人、シラーが書いた詩「歓喜に寄す」に出会い曲をつけたいと願った。そしてその人生の終わりに近づく1824年に、音楽史上最も重要な作品の1つとなるこの交響曲を書き上げた。当時の交響曲のスタイルの常識を越え、その後の作曲家、演奏家に与えた影響も大きかった。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング