zakzak

記事詳細

大竹まことが投げかけた「公人」と「私人」の境界線 長女が大麻所持で逮捕、せつない親の思いは娘に届くのか

 会社員の長女(28)が、大麻取締法違反(所持)の疑いで逮捕されたタレント、大竹まこと(68)。1日に謝罪会見に臨んだが、“公人”として長女の不始末を謝罪する一方、2世とはいえ“私人”である長女を守ろうとする父親の顔ものぞかせた。

 この日、レギュラー出演する文化放送のラジオ番組の生放送前に会見した大竹。トレードマークのひげをそって報道陣の前に現れると、「親の監督が不行き届きだったと思います。本当に申し訳ありませんでした」と頭を下げた。

 長女は都内で1月28日未明に職務質問で大麻所持が発覚。翌朝まで取り調べを受けた後、自宅ではなく大竹のいる実家に戻ったが、逮捕されたという。「娘が育つ過程で、仕事の忙しい時期が重なり、普通のお父さんのように娘と共有する時間がなかった」と長女との関係を悔やむ一方、「マリフアナですよね。覚醒剤ならわかったんじゃ…」とも。

 会見で大竹が強調したのは、あくまでも長女は私人だということ。大竹自身は「私は公人なので話す義務も責任ある」としたが、長女の性格や仕事については「それは答えたほうがいいのか。どうしてもと言うなら私は答えるが」とリポーターをギロリを見つめ返し、質問を制したほどだ。

 「自身がきちんと対応した上で、公人と私人の違いを言われると説得力があり、それ以上はツッコミにくくなる。大竹がそれを狙っていたのかは分からないが、効果的だったことは確かだ。世間の批判からも回避できるのではないか」と放送関係者。

 せつない親の思いは娘に届くのか。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング