zakzak

記事詳細

NHK“優良”新美女キャスターに期待大 「ブラタモリ」林田理沙、「サタデースポーツ」などに副島萌生

 NHKが21日発表した2018年度の新キャスターの顔ぶれ。主な報道番組のメーンキャスターは昨年一新されたため、大きな変化はなかったが、また新たに美女たちが加わることになった。

 「ブラタモリ」の近江友里恵アナ(29)の後任アシスタントには、すでに一部メディアで報じられていた林田理沙アナ(28)が就任。東京芸術大学の大学院を修了した才媛で、絶対音感の持ち主という異例の人材。21日のキャスター発表会では「釣り鐘の音を聞き分けてお伝えできれば」と会場を笑わせた。

 もう一人注目の美女が「サタデースポーツ」「サンデースポーツ2020」に登板する副島萌生(めい、26)だ。青森出身で慶応義塾大学を卒業後、2015年に入局した3年目という。

 高校在学時には、NHK杯全国高校放送コンテストのアナウンス部門にて「優良」に選出され、2009年春のセンバツで開会式・閉会式の司会を担当した経歴を持つというこちらも異才の若手だ。

 「『サンデースポーツ』で共演する大越健介キャスターが発表会で明かしていたように、副島アナはバレエの経験者とあって、気品があり、スタイルもいい美人アナ。3年目での大抜擢ということで、NHKの期待の大きさもわかるというものです」と女子アナに詳しい芸能ライター。

 「おはよう日本」の和久田麻由子アナ(29)や井上あさひアナ(36)、桑子真帆アナ(30)ら美女ぞろいのキャスター陣に新たに加わった2人に期待だ。

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング