zakzak

記事詳細

沢尻エリカが年上男性と事実婚状態「母と3人で同居」も (1/2ページ)

 2月下旬の平日の夜7時。東京・西麻布に沢尻エリカ(31)の姿があった。毛皮のマフラーに黒いジャケットをはおり、スパンコールをあしらった白のミニスカートからは、ストッキングに包まれた美脚が伸びる。

 映画の舞台挨拶で「別に……」と発言し、大バッシングを受けてから早10年。結婚、そして3年におよんだ離婚劇も経験した「エリカ様」の艶かしさは30代になっても健在、いや増していた。

 彼女が入っていったイタリアンレストランには、映画『不能犯』(公開中)の共演者、スタッフが集まっていた。映画関係者が言う。

 「関係者らを招いたオフィシャルな打ち上げはクランクアップ後の昨年に済ませていました。その日の俳優陣は主演の松坂桃李さん、沢尻さん、テット・ワダさんのみで、あとは数人のスタッフという小規模な集まりでした」

 不気味な能力で心を操る殺人犯を松坂が演じ、彼を追う女刑事を沢尻、その先輩刑事を演じるのがテットだった。テットは18歳で渡米し米国で芸能界デビュー。数年前からは日本のほか、中国や台湾でも活躍する“逆輸入俳優”だ。

 「個室にはワインのデキャンタが何度も運ばれ、楽しそうな笑い声が漏れていました。かなり盛り上がっていたと思います」(居合わせた客)

 一行がイタリアンレストランを後にしたのは夜11時頃。宴はまだ終わらず、二軒目への移動が始まる。陽気な様子の沢尻はスキップしながら店を出てきた後、テットと寄り添うように歩きながら大通りへ。タクシーを止めると、そのまま一緒に乗り込んだ。映画関係者によれば、

 「映画の撮影現場で沢尻さんと松坂くんが居合わせることはほとんどなく、一方で同じ刑事役だったテットさんとは、よく椅子を並べて仲よさそうにおしゃべりしていました。共通の話題は車で、『あの車、カッコいいよね~』なんて、沢尻さんもノリノリの様子でした」

NEWSポストセブン
zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

関連ニュース

アクセスランキング