zakzak

記事詳細

【ぴいぷる】勇往邁進、信念貫く 声優・江口拓也 新聞配達で睡眠時間削る日々「血尿出ました」 (1/2ページ)

 小顔で眼鏡の奥の涼しげな目元が印象的なイケメン。しかも187センチの長身とモデルばりの外見が目を引く。TVアニメ「機動戦士ガンダムAGE」(2012年)、「黒子のバスケ」(12年)、「俺物語!!」(15年)、「アイドリッシュセブン」(18年)など話題作に次々に出演した人気声優だ。08年にデビューし、今年節目の10周年を迎える。

 「あっという間でした。すべては、お金のない状態から高校を卒業して、東京に行き、一人暮らしを決断したことからの挑戦でした」

 茨城県出身。高校時代、たまたま聞いていたラジオ番組がきっかけで声優を目指す。その後、専門学校に進み、新聞配達をしながら学校に通ったという。

 「単純にお金がなくて学費を稼ぐためにしたんです。当時睡眠が一番大事だったんですが、嵐の日でも雪の日でも午前3時半から新聞を配る。そういう生活を続けていると1年半ぐらいで体に異常が現れ、血尿が出ました。そこまでして、夢中になって追いかけることが自分の中にあるんだなって。そのとき、(声優として)やっていけるって思いました」

 実は当初、両親や友人から厳しい意見が相次いだと明かし、「『絶対無理だろう』って言われていたんです。自分はあまのじゃくなので、反対意見がすごくエネルギーになりました」。

 さわやか笑顔の中に、骨太な男らしさをみた感じだ。2年間の専門学校時代に鍛錬した声を武器にし、その努力はデビュー2年目に実った。アニメ「東のエデン」(09年)の主要キャスト、大杉智を担当。オーディションで初めて受かった役が転機になった。

 「最初は主人公の声で受けたんですが、監督が『大杉の声だ』って。でもこのオーディションに受かったことで、350人ぐらいいる、うちの事務所の中でも認知してもらうことができました」

zakzakの最新情報をSNSで受け取ろう

アクセスランキング