zakzak

記事詳細

演歌歌手・さくらまや、ハタチでデビュー10周年! “隠れ巨乳”も「びっくりするほどモテない…」

 天才演歌少女とよばれた歌手、さくらまやも今年で二十歳になった。びっくりだ。すっかり大人びてきたが、どうやら恋のほうはかなりの奥手らしく、いい話は聞こえてこないそうなのだが…。

 2008年に10歳でデビューしたさくら。25日には、東京都内で行われたデビュー10周年記念シングル「かもめ橋から」の発売イベントに登場。26日に20歳を迎えるとあって、バースデーケーキも用意された。

 イベント冒頭、ファンを前に新曲を歌い上げると「しっとりと切ない恋心を歌いました」と語るも、「恋愛には縁がなくて、『切ない恋ってなんじゃ』って、友達から聞いて勉強しました」と大学生らしからぬ発言。

 何かと話題の日本大学に通い、キャンパスライフを謳歌するも「びっくりするほどモテない。友達からは合コンの誘いもありません。大学では面白キャラでやってるんで恋愛対象にはならないんでしょうね」と二十歳の悩みを吐露したのだ。

 さらには、親から「早く結婚しないと」と耳の痛い言葉もかけられると明かし、さくらのいない間に開かれたという“家族会議”で「お見合いをさせては」という話題も挙がったことまで披露してしまった。

 さすがにお見合いは少々気が早いかもしれないが、以前、テレビ番組で、これまでの交際歴を幼稚園と小学校で2人と語っていたさくら。おませな幼少期とは裏腹に、ここ最近は色恋話には恵まれていないようだ。

 「高校生のころには、演歌の世界でもまれているため、精神年齢にはおっさんと語っていました。この日も報道陣から好きなタイプを聞かれ、インドア派なので、一緒にゲームしてくれる人がいればと答えていましたがかなり奥手のようで、恋愛とはほど遠いようですね」と芸能関係者。

 どうやら高校生のころからグッと成長し、CカップともDカップとも目される“隠れ巨乳”も持て余しているようだ。

関連ニュース

アクセスランキング