zakzak

記事詳細

「生活保護」を描く斬新なドラマ! 『健康で文化的な最低限度の生活』(フジ)

 7月からの夏ドラマで俄然注目なのが、「健康で文化的な最低限度の生活」(フジ系火曜午後9時)という作品です。この長いタイトルは日本国憲法第25条第1項に書かれている「生存権」の条項です。ドラマでは、その生存権の具体的な行使として、生活保護を正面から取り扱っています。

 とある区役所の生活課に、ケースワーカーとして配属された義経えみる(吉岡里帆)は、110人の生活保護世帯を受け持つこととなり、右往左往する日々です。

 えみるが配属早々に抱える難題は、命の電話的なアプローチをしてくる、男性受給者の対応でした。前任者は「毎度のことだから」と、軽く聞き流せばと言います。責任感の強いえみるは、夜遅くまで、その受給者と電話で話し合いをするのでした。なんとかコミュニケーションが取れたと思ってた矢先、ある日、その受給者は、命を絶ってしまったのです。茫然自失、大号泣のえみる。彼女に責任はないものの、ケースワーカーの仕事の難しさを、痛感した次第です。

 2話目は母子家庭で、高校生の息子のアルバイトが、不正受給になってしまう深刻な話です。親に内緒でアルバイトをした場合、アルバイト代のほとんどを、返金しなければならない制度になっています。

 なんぼ働いても、国にお金を戻すって、勤労意欲を著しく削ぎますよね。生活保護を脱却して働けといいつつ、働いたお金は生活保護費と相殺するって。分かるけど、納得しづらいです。3話目の今週は、その不正受給問題に、何かしらの答えが出る予定です。期待しましょう。

 扱っている題材は地味ですが、格差社会、超高齢化社会の今だから、描いてほしいテーマではないでしょうか。そもそも生活保護費の不正受給問題は、関西方面で多くニュースになっていました。そうかと思っていたら、制作は関西テレビ。妙に納得です。

 ちなみに原作は、青年誌のビックコミック・スピリッツ(小学館)に、柏木ハルコさんが連載しており、現在6巻ほど単行本が出ています。その漫画誌のスピリッツ、現在同時に連載しているのがダーティーな世界を描いて超人気の「闇金ウシジマくん」の、しかも最終章です。いやあ~実に振れ幅が広い雑誌じゃないですか。

 闇金とナマポが、同じ雑誌で連載されているリアル。テレビ、雑誌とも目が離せませんぞ。

 ■木村和久(きむら・かずひさ) コラムニスト。本連載と日刊SPA!の連載をまとめた近著「50歳からのかろやか人生」(雷鳥社)が発売中。

関連ニュース

アクセスランキング