zakzak

記事詳細

DA PUMPが大復活! 「ダサかっこいい」という変化球…大人の戦略

 現在、ダサかっこいい曲として大ブレーク中なのが、DA PUMP(ダパンプ)が歌って踊る「U.S.A.」という曲です。1992年発売の懐かしきユーロビートのメロディーに合わせて、「カ~モンベイビィ~アメリカ」とダサい振付をするところが、妙にツボにはまり、現在ユーチューブの再生回数も、何千万回と、とんでもない勢いを見せています。

 おかげで、自身で振り付けを真似て、SNSにアップする人が続出、ひと頃の「恋するフォーチュンクッキー」の男性版みたいな扱われ方をしてます。

 それにしても、過去のグループとなりつつあったDA PUMPの、約20年ぶりのブレークは、おやじ世代から見ても、非常に喜ばしいことです。以前と同じような、正面突破でやっても売れないからと、「ダサかっこいい」という変化球を投げたあたりは、大人の戦略を感じます。

 周囲を見回すと、今年はダサかっこいいのが当たり年なのかとも思える現象が目白押しです。

 大河ドラマは、小栗旬(坂本龍馬)や玉山鉄二(木戸孝允)などイケメン俳優が脇を固めるなか、西郷吉之助役は、鈴木亮平ですからね。まさにダサかっこいいの典型じゃないですか。

 ゴルフに至っては、すっかり頭が禿げて、オヤジ化したタイガー・ウッズが復活だし。帽子を被るスポーツは、結構得ですね。

 今年の24時間テレビも、みやぞんがトライアスロンに挑戦し、神対応する素晴らしい人柄と、ずば抜けた体力に感服しました。途中のリポートでのひょっこりはんのインパクトの強さにもびっくりです。いや~彼はダサかっこ悪いけど、異様な存在感で輝いておりましたぞ。

 ちなみにDA PUMPのリーダー、ISSAは健在で、今もリードボーカルとして活躍。沖縄出身で本名は邊土名一茶(へんとな・いっさ)といい、弟は二茶というらしいです。沖縄出身のグループとして、一周回って知らない話に出て来そうなタイミングでの、再ブレークは奇跡的です。

 ISSAはキャバクラ全盛時に、キャバ嬢をお持ち帰りし、数々の武勇伝を轟かせました。そのキャバ嬢に以前、会ったことがあります。どうだった? 上手いの? って聞いたら、「普通で期待外れだった」と、言ってましたなあ(笑)。

 まさに彼は、昔からダサかっこいいを演じて、芸を磨いていたんですなあ。ほんまかいな。

 ■木村和久(きむら・かずひさ) コラムニスト。本連載と日刊SPA!の連載をまとめた近著「50歳からのかろやか人生」(雷鳥社)が発売中。

関連ニュース

アクセスランキング