zakzak

記事詳細

松ちゃん、大阪万博決定に喜び 「松井知事が浜田に何発も殴られた甲斐があった」

 ダウンタウン・松本人志(55)が、2日放送の「ワイドナショー」(フジテレビ系)に出演。2025年の万博開催地が大阪に決定したことを喜ぶと共に、誘致活動の裏話を披露しながら「地元愛」をのぞかせた。

 松本と浜田雅功(55)のダウンタウンは、昨年3月に「2025 日本万博誘致アンバサダー」に就任。先月には、大阪・御堂筋で開催されたイベントに参加して大阪の松井一郎知事(54)らと会場を盛り上げるなど、“大阪万博”をPRしていた。

 番組でこの話題が取り上げられると、松本は「よかったというよりも、ダメじゃなかったことが本当によかったというか…」と安堵の表情。「ここでもしダメだったら大阪、関西がシュンとなっちゃったんじゃないかなって。特に今年は台風や地震がありましたから。大阪の人には笑顔でいてほしいところがあるじゃないですか」と真剣な表情で語った。

 万博開催の予算などについて話題が及ぶと、松本は「僕らは一切お金もらってないですからね。気持ちですよ」とアンバサダーはボランティアだったことを告白。熱い関西愛をのぞかせつつ、「でも(万博の)経済効果が2兆円って聞いたんで、なんだかんだで1兆円くらいはもらえるかなって」と混ぜ返し、スタジオの笑いを誘った。

 御堂筋のイベントでは、浜田が松井知事の頭を叩いて突っ込んだシーンが話題となっていたが、松本は「松井さんも浜田に何発も殴られた甲斐があった」と“感慨深げ”に回顧。MCの東野幸治(51)から「松井知事は(叩かれるのは)OKなんですか?」と問われると、「OKじゃないと思うよ。でも止まらないんですよ。病気だから」と、相手かまわず突っ込む浜田の“職業病”に呆れた表情を見せた。

 東野もそんな浜田に「知事を殴っているコメディアンなんて、どの世界にいてるんだ」とジョーク交じりに苦言。松本も「知事を殴っているコメディアン、そしてそれを見て笑っている市民たち。やっぱおかしいと思う」と“関西のノリ”に苦笑したが、ゲストのフリーアナウンサー・登坂淳一(47)は「大阪のいいところがそこに出てますよね」と穏便にまとめていた。(zakzak編集部)

関連ニュース

アクセスランキング