zakzak

記事詳細

「シャブ山シャブ子」歌手デビュー! ドラマ「相棒」で女優・江藤あやが熱演

 人気刑事シリーズ「相棒Season17」(テレビ朝日系)で衝撃を与えた「シャブ山シャブ子」が歌手デビューすることになった。シャブ子を演じた女優、江藤あやが来年1月11日に新曲「あおぞら/魂の鼓動」を主要配信サイトでリリースするのだ。

 「シャブ山シャブ子」といえば、11月7日の放送で登場した薬物依存症のキャラ。その鬼気迫る演技が話題を呼び、医療関係者から批判も挙がるなど物議を醸したほど。

 「シャブ子」で一躍注目された江藤だが、現在は小劇場を中心に活動する女優。そんな江藤の歌手デビューをプロデュースするのはシンガー・ソングライターの松井まさみち。江藤と松井は今年7月にイベントで知り合い意気投合した。

 「あおぞら」は江藤が作詞に初挑戦。松井から「せっかくやるなら、あやさんの言葉を詞にして、歌として伝えたほうがより届くはず」と言われたのがきっかけだったという。

 「私自身の学生時代の思い出や家族への想いを日記のようにつづり、それを作詞家の葉月歌織さんがパズルのように歌詞に仕上げてくれました。学校帰りに突然降りだした雨に濡れた制服や、海の匂い、聞いていると景色が、青空が目に浮かぶようなそんな歌になったと思います」と江藤。

 「サビに『あなたに出会う奇跡をずっと待っている』という一節がありますが、『あなた』には私にとって、また聞いてくださる方々にとっての“いいこと”“素敵なこと”“うれしいこと”“幸せなこと”などさまざまな意味が込められています」とも。

 カップリングの「魂の鼓動」は「“和ロック”をやりたい」という江藤のために、松井と作詞家の葉月が書き下ろした1曲だ。

 “シャブ山シャブ子”のインパクトを超えることができるか。

関連ニュース

アクセスランキング