zakzak

記事詳細

「仮面ライダー斬月」対談~最終回~ 舞台を通じて変わった意識 萩谷慧悟「頭で考えること、学ぶことがすごく多い」、久保田悠来「考えるのはいいこと」

 「仮面ライダー鎧武/ガイム」のスピンオフとなる舞台「『仮面ライダー斬月』』-鎧武外伝-」に出演する久保田悠来(37)と萩谷慧悟(22)へのロングインタビューも今回でいよいよ最終回。ラストは、それぞれ環境が少しずつ変わってきている2人に、プライベートで取り組んでいることや舞台の見どころなどを聞いた。(ZAKZAK編集部)

<「仮面ライダー斬月」の舞台稽古に入ったことで、生活が変わったところはありますか?>

久保田「…まず、眠くなるよね、飲んでるときに」

萩谷「頭も使うし、体も使うし…やっぱりアクションでめちゃめちゃ動くからか、寝付きが良くなります(笑)」

久保田「僕は今、稽古で戦って、家でも『ウイニングイレブン』で戦っているから。1日ずっと戦っている」

萩谷「(笑)。僕は最近、早く起きるようになりました。早く起きるとコンディションよく稽古場に入れるし、稽古前に自分のやりたいこともできるじゃないですか。今までは結構ダラダラしてたので(笑)、生活習慣と体調管理をしっかりしようかなと」

久保田「大事ですね。僕は常に遅寝早起きです。もともとショートスリーパーなので」

<そんな生活の中、食生活や体作りで意識されていることは?>

萩谷「久保田さんはカップラーメンですよね。そればっかり食べてる(笑)。稽古中、2回くらい食べますよね?」

久保田「主食がカップラーメン。好きなんですよね…。朝食べない分、小腹がすいたらすぐに食べています」

萩谷「あと自分は筋トレをするようになりました。このお仕事を頂いたときに、やっぱり仮面ライダーって強くないといけないかなと思って、強く見えるための体づくりをするように意識して。ジムに行っている共演者の方にいろいろ聞いていたら、稽古でジムに行けない日に『じゃあ稽古終わりで一緒にやろうぜ』ってなって…」

久保田「やってるね。上裸で。めちゃめちゃ裸でやってる…」

萩谷「この前、稽古場のセット裏でやっていたら久保田さんに発見されました(笑)」

久保田「表側からは見えないところで、堂々とね。僕もよくやってました。すーぐ裸になってました」

萩谷「久保田さん、バランス取れたイイ体してますもんね…僕は今、めちゃめちゃ筋肉痛です」

<とすると、萩谷さんがハマっているという曲作りやスノーボードなどのお時間は最近…>

萩谷「今は舞台のお仕事でいっぱいなので、曲作りとかは全然ですね。でも、スノボは最近行ってきました!」

久保田「大丈夫?寒くなかった?」

萩谷「寒くないです。…え、動いていたら意外と寒くなくないですか?」

久保田「いや寒いよ!動く前が寒い。ココ!(ゴーグルとマスクの間)」

萩谷「それは相当な寒がりですね(笑)。僕、最初は全然出来なかったんですけど、東北出身の同級生に教えてもらったら滑れるようになって、普通に下まで行けるようになって楽しいなみたいな状況なんです、今ちょうど」

久保田「僕はできるけどやりたくないです。寒いところにお金を払っていくなんて…できない!」

萩谷「…いつか誘わせてください(笑)」

久保田「絶対断りますけどね!?実際楽しいのは分かる。強制的にやらされたときは確かに楽しかった(笑)」

萩谷「これは何か…企画で連れてくしかないですね(笑)」

<(笑)。スノーボード以外で、最近おふたりの意識の変化はありましたか?>

久保田「慧悟はあった?」

萩谷「そうですね…この舞台で、久保田さんをはじめとするいろいろな方に出会って、それぞれのスタンスだったり、自己プロデュースの仕方だったり、いろんな人のいろんなやり方を見てすごい面白いなと思うようになりました。頭で考えること、学ぶことがすごく多いんですよ。この世界って正解ってないですから」

久保田「ないね…。埋没することが一番の罪」

萩谷「正直こんなにガッツリお芝居させてもらうのは初めてっていうのもあって…お芝居についても、個人の、1人の人間としても、最近は考えまくりです」

久保田「考えるのはいいことだ。またこれからいっぱいいろいろあるからね。やっぱりお芝居は楽しい?」

萩谷「はい。今は『仮面ライダー鎧武/ガイム』の世界に携われてワクワクしているので、これが代表作だと言えるように頑張りたいです。お芝居も、それ以外でも、自分の可能性、幅が広がるなら広がるだけ広げたいじゃないですか。今回の舞台が自分の自信につながれば、今後の活動の幅もさらに広げられるかなって思っています」

久保田「素晴らしいですね。…で、実は僕も、最近になってやっとそういう考えになったんですよ。昔は『役者1本で』『それ以外はちょっと…』と固執するところがあったんですけど、求められたらいい意味でいろいろと使われていくことに、ちょっと委ねてみようと思うようになりました」

<以前の久保田さんからするとそれは大きな変化ですね…!>

萩谷「そうだったんですか!?(爆笑)」

久保田「そうね(笑)。基本は変わっていないですけどね。ちょいちょい嘘をついて煙に巻いていこうと思います」

<(笑)。それでは最後に、舞台の見どころをお願いします>

久保田「舞台『仮面ライダー斬月-鎧武外伝-』。呉島貴虎の新たな出会いによって何が起きる?という物語です。今回も魅力的なキャラクターがいっぱいいますし、僕から観てもちゃんと楽しめる舞台になっていますから、その世界観を楽しんでいただけたらうれしいです」

萩谷「そうですね! 殺陣やダンスなど、演劇で表現するいろんな手法と魅力がギュっと詰まったワクワクする舞台です。自分も一ファンとして作品に求めるものはあるから、皆さんの期待に応えられるように頑張って練習して、出して、ちゃんと見てもらえたらうれしいですね」

久保田「…あとは今回初めてこの世界に触れる人たちが『仮面ライダー鎧武/ガイム』の用語を分かってくれることと、特撮ファンの男性陣がちゃんとチケット取れていることを祈る!」

萩谷「確かに…!!」(おわり)

★3名さまに久保田悠来さん、萩谷慧悟さん、久保田さん&萩谷さんツーショットのサイン入りインスタント写真をプレゼントします。応募方法はツイッター「zakzak公式エンタメ部」をフォローしていただき、希望する写真 #zakzakプレゼント久保田悠来 OR #zakzakプレゼント萩谷慧悟 OR #zakzakプレゼント久保田_萩谷  と15日までにツイートしてください。※すでにフォローされている方はツイートのみでOKです! またツイートは1アカウントで1つとしてください

●プロフィル

久保田悠来(くぼた・ゆうき)1981年6月15日生まれ、神奈川県出身

萩谷慧悟(はぎや・けいご)1996年11月7日生まれ、埼玉県出身

(C)石森プロ・東映 (C)舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会

関連ニュース

アクセスランキング