zakzak

記事詳細

止まらない芸能界薬物汚染“疑惑の6人” 実力派俳優、イケメン俳優、肉体派女優、モデル…

 芸能界の薬物汚染が改めて注目されている。大麻所持で逮捕されたアイドルグループ、KAT-TUNの元メンバー、田口淳之介容疑者(33)らの衝撃が収まらないなか、コカイン摂取で起訴された「電気グルーヴ」メンバー、ピエール瀧被告(52)の初公判が5日、東京地裁で開かれた。業界関係者によると「彼ら以外にも怪しい人物は山ほどいる」という。本紙がつかんだだけでも6人にのぼり、この中から次の逮捕者が出てくる可能性は高い。

 「10年ほど前から大麻を使い始めた」と田口容疑者。ピエール被告は「20代のころからコカインや大麻を使用していた」。失う代償の大きさを分かっているのにやめられない薬物の怖さ。捜査当局に明かした供述を受けて、世間は使用期間の長さに二度驚かされた。

 「田口(容疑者)がやばい(=薬物中毒)というのは有名な話だった。ただ、捕まるのが遅いな、と。かなり前から一緒に逮捕された(女優の)小嶺(麗奈容疑者)とセットで話が出ていたので」

 こう明かすのは複数の芸能事務所に出入りする業界関係者の1人だ。

 実のところ、田口、小嶺両容疑者と同じように薬物の噂が絶えない芸能人は複数いる。本紙がつかんだだけでも6人を数え、中にはピエール級の影響力を持つ人物も含まれていた。摘発されれば超弩級の衝撃が走るのは間違いない。

 まず華やかな活動で大勢のファンを抱える男性タレントA。

 「最近では、田口(容疑者)より、こっちの方がよく話にのぼってました。大麻で逮捕と聞いたとき、てっきりこの人物かと。事務所もうすうす感づいているようで、どう対処するか、頭を悩ませているようです。突然クビにすると世間的に不自然なので」(先の業界関係者)

 若手実力派俳優、男性Bも疑惑の目を向けられている。

 「がっちりとした体でドラマだけでなく、モデルとしてもさまになっている。薬と無縁な印象なんですが、六本木の危ない輩(やから)との付き合いが深く、『やっている』というのは半ば常識です」(六本木の飲食経営者)

 ドラマ、映画に引っ張りだこのイケメン俳優Cは捜査当局ににらまれていると噂される人物だ。「薬を抜くため、しばらくおとなしくするようです。早晩どこかに雲隠れするはずです」(芸能事務所関係者)とケツに火が付いた状態という。

 小嶺容疑者同様、女優らの名も挙がる。

 「D子は、ドラマのヒロインをはったこともあるので、表沙汰になったときのことを考えると寒気がする」(同)。モデル出身で長身のタレントEも「六本木の輩とつるんでいるので、薬となるとその名が必ず出てきます」(同)。

 極めつけは、肉体派の女優Fだ。

 「以前、芸能界でコカイン騒動があったとき、それに関連して、若いツバメとしけ込んでコカインにふけっていると一気に広がりました。この話、業界人なら誰でも知ってます」(先の業界関係者)

 東京五輪を来年に控え、当局の取り締まりは一段と強化されている。次に挙げられるのはどいつだ?

関連ニュース

アクセスランキング