zakzak

記事詳細

AV嬢を海外セレブに斡旋 “闇営業”のディープすぎる実態! お笑い芸人「解雇」で明るみに…パーティー・セミナー集客で荒稼ぎも?

 お笑い芸人、カラテカの入江慎也(42)や楽しんご(40)が吉本興業を“解雇”されたことで明るみに出てきた“闇営業”の存在。中には「食っていくため」とは言い切れないような内容も…。闇営業の実態はディープすぎるようだ。

 AV女優との交流があるという中堅芸人について、知人はこんな話を明かす。

 「『日本のAV嬢と遊びたい海外のセレブがいる。稼げるよ』とAV嬢に闇営業を持ちかけていました。海外の富裕層向けのエグい売春のようです。事務所を辞めようとしている娘、美容整形費用やホスト遊びで借金を抱えている風俗嬢やキャバ嬢を日々探していましたよ」

 もはや女衒に近い話だが、「夜の闇営業のお相手にはカタギとは思えないようなコワモテもいたそうです」とも。

 「友達5000人」を自称し、人脈を誇っていた入江のように一般人にもフレンドリーな芸人の中にはパーティーやセミナーの集客を裏稼業にしている強者もいるとか。

 「手法としては、LINE交換をしたら、パーティーやビジネスセミナーの案内を流して、集客マージンや紹介料をもらっているんです。パーティーのチケット代の3割から5割が支払われることが多いようです。ちょっとLINEで一般人とやりとりしたら、フリーターの日当分くらいの売上が数分で稼げてしまいます」と芸能関係者はささやく。

 テレビに出て“売れている”芸人なんてほんの一握り。お笑いライブのチケット販売マージンぐらいしか芸能活動の収入がない芸人が大半だ。

 「とはいえ、ファンや友人を利用するのは詐欺まがいの行為に加担しかねず、いただけない。芸能人が投資詐欺に遭ったり、投資詐欺会社の宣伝塔になったりするのも、闇営業紹介ブローカーが暗躍しているのです」と続ける。

 やはり闇は闇なのだ。

関連ニュース

アクセスランキング