zakzak

記事詳細

“本当の芸人”の世界は舞台にしかない!? 「清潔さ」だけ求めるマスコミに魅力なし…

 お笑い芸人が、反社会的勢力のパーティーに会社を通さずに出席していた問題で、吉本興業が「雨上がり決死隊」の宮迫博之さんや、「ロンドンブーツ1号2号」の田村亮さんらを謹慎処分にしたニュースが世間をにぎわしています。

 これ、最初にウソをついたので印象が悪いのは分かります。だけど、私は「そんなに悪いことなの?」と思いますよ。

 まず、このイベントには代理店が入っていて、ホテルで行われたパーティーだったと、ベテラン芸人さんがテレビ番組で話していました。その形式の仕事って、われわれには山のようにある。コンプライアンス(法令順守)重視は理解しますが、それが「犯罪集団」なんて普通は分からないですよ。

 この問題が明るみに出たとき、吉本興業は、仲介した「カラテカ」の入江慎也さんを「即刻、契約解消」にしました。このことが、関わった芸人たちに恐怖を与えたのだと思います。彼らにも守るべき家族などがいる。それでウソをついてしまった…。これって、そんなに悪ですか? かわいい人間の弱さやん(笑)。

 日ごろ、テレビで楽しませてくれてるんです。こういう時こそ、「十分反省して戻っておいで」と受け止めてあげましょうよ。宮迫さんの出演シーンが全部カットされたテレビ番組を見て、「社会から消される」怖さを感じました。

 私は今回の件で、カンニング竹山さんが提起した意見が、とても勇気があると、注目しました。

 竹山さんは「反社会的勢力から出版社がもしスキャンダル等々の写真やデータを買っていたとしたらまずそこが一番の問題だと思う。反社会的勢力と一緒になってビジネスをし繋がっている会社と言う事になる。もし買っていたとすれば誰から幾らでどんなルートで買ったのかを世間に説明する必要があるのでは?」と、ツイッターで発信していました。

 世の中、「贖罪(しょくざい)の要求」にバランスが取れていないと思うんですよね。

 んんん。最近、とみに思いますが、今後、芸能界で成功するには、そんなに売れないことですよ(笑)。売れてないけど、毎日薄利多売で舞台に上がり続ける。そう、落語家くらいが一番いいと思う。

 マスコミには魅力はないですよ。本当のことは言えないし、市場原理主義の中で「清潔さ」だけが求められるんだもん。

 本当の芸は、人間の罪や闇の部分から来る「業」から作り出されるんだから。

 あっ、こんなこと、テレビばっかり見てるバカな人間には分からないだろうな。新聞を読んでいる皆さんにかかってますよ。本当の芸人の世界は、もう舞台にしかないってことです(笑)。

 ■桂春蝶(かつら・しゅんちょう) 1975年、大阪府生まれ。父、二代目桂春蝶の死をきっかけに、落語家になることを決意。94年、三代目桂春団治に入門。2009年「三代目桂春蝶」襲名。明るく華のある芸風で人気。人情噺(ばなし)の古典から、新作までこなす。14年、大阪市の「咲くやこの花賞」受賞。

関連ニュース

アクセスランキング