zakzak

記事詳細

ピエール瀧、役者業再開は絶望的でも本業で進む復帰計画

 沢尻エリカや田口淳之介ら芸能人の薬物事件が相次いだ2019年だが、最初の“大物逮捕”となったのが、ピエール瀧(52)だった。2019年3月、コカインを所持・使用したとして麻薬取締法違反容疑で逮捕された瀧。6月に東京地裁で懲役1年6か月、執行猶予3年の判決が下されて以降、表舞台に姿を現わしていない。

 出演ドラマの代役撮り直しなど、違約金は10億円超とも報じられており、これから返済に追われることになるとみられている。

 「金を工面するためにも、遅かれ早かれ仕事復帰を目指すでしょう。とはいえ、スポンサーの関係で、テレビや映画の出演は絶望的です」(芸能関係者)

 NHK大河ドラマ『いだてん』の出演を筆頭に、近年は役者業を中心に活躍していただけに、復帰の道は険しそうかと思いきや、“本業”で着々と復帰計画が進んでいるという。

 「石野卓球と組む音楽ユニット、『電気グルーヴ』の活動です。11月に公式HPがリニューアルされ、2人をマネジメントする新会社が設立されています。12月17日には、日本最大の野外音楽祭『フジロックフェスティバル』のプロデューサー・日高正博氏と瀧を交えた3ショット写真を石野がSNSにアップしている。

 テレビと違い、音楽ならインディーズでCD販売できますし、ライブもできる。何らかの形で『電気グルーヴ』が復活するとみる音楽関係者は多い」(レコード会社幹部)

 根強い人気を誇るテクノユニットが、違約金返済の“財源”となるか。

 ※週刊ポスト2020年1月3・10日号

NEWSポストセブン

関連ニュース

アクセスランキング